去年のいまごろ・・・・



最近毎日思ってるのは、
去年の今頃は私は、病院にいたんだよなあ

ということ。
6月東京、7月錦町、8月福岡で
医師に不調をうったえたのに、検査に出なかった不調の原因。
「過労」とかいわれて水を濁していたのを
9月熊本で内視鏡検査したら
ピンポン!

すでに十分でっかくなったGがみつかった

その前の月でさえ便に血が検出されなかったのですから
集団検診で大便検査しても発覚しないことがあることは
もっと周知されていい話です
場所によっては、内視鏡検査するまでわからないのですよ


じゃあ、検査しなくていいってこと?

といわれると、しなくていい、と言い切る人は多いですが、
私は言い切れないです


Gにならないようにするのを、人生の大課題にかかげて、生活を気をつけている人を
これまで何人も見てきましたが
いっかい病気にならないと、そういうふうな人生を選択するの無理だったなあ
と思います。
でも病気になると、食がどんだけ薬の役目を果たすかがわかります。


食生活のどこを気をつければいいか、は
さまざまな方向性の意見があるので
どれもこれも取り入れていたら
「なにをしてもいい」
になってしまいます

どんな食生活、どんな健康法がいいかは
百人百様に違うので、
「あの人にきいたから、これがいい」とか
「あの人にきかなかったから、これはダメ」とか
そういう表面的な取捨選択より

自分で実験して実証していく主義

これしかないです。


食や生活習慣より、Gになったのは性格に問題があるんだから性格を変えろ
という意見は、ひっじょーーによくきく意見です。

最近よんだ文章に
Gになりやすい人の性格というのが列挙されていて
やなこと書くなーと思いつつ読んでいたら


「人のためにできることをしたいと考える」
「がんばるのが得意」

ってのがリストにあって、
ちぇっ
そこかよ、と思いました

自分のため、にする仕事なんて楽しくないし
がんばってしまうのは、それが楽しいから
と思ってますが、だめなんですね。はい。


昨日病院で血液をチェックしたのですが
数値的には一ヶ月前よりずいぶんよくなっていた
ただの数値で、確定的なことはいえないですけど、方針をこのまま続行というのは決定。

去年のいまごろより、ひとつをのぞいては、各種の数値が健康的です

何が違うのかな?
水が違う。食べ物が違う。生活も違う。
最大に大きな変化は、仕事時間を減らしていることですね
おっともそうです

できるかぎり長く、豊かさをみなさまと分かち合うために
何をして何をしないかを探索中です。
じぶんたちの内側探索のたびは続きます。




無農薬のお米やお野菜、お茶などなど
錦自然農園フルーツストア

関連記事
スポンサーサイト