4年前の柿のはなし

2013Oct22_3.jpg

以下は4年前にかいたもの。偶然みつけたので再掲載です。

>>>

太秋柿
今日の糖度は21度でした
この柿には珍しくないことです

柿なんて、と思っていたけどあまりサイトでの評判がいいから
ためしに頼んだらこんなにおいしい柿があったとはと驚きました

という電話を毎年いただきますが、今年はそのお声が例年以上に多い!です

センビキヤで売っていた一個千円のものと比べてもまったくお宅のはものが違う
と先ほどもお電話でほめてもらいました

おとといのお電話でしたが
化学物質化敏症で、無農薬の果物しか食べられないという方のお母様から
おととし食べたけど、美味しくいただきました
とのこと。
一昨年でしたら無農薬の柿は1人しかお送りしていないのを覚えているので
無農薬ではなく、減農薬の畑の柿をお送りしたと思います と申し上げました。
「今年の無農薬の畑はもう一個も残ってないですが
農薬にちょっと敏感な私でも、感じないので大丈夫じゃないかと思います」
と、減農薬の柿を、化学物質化敏捷のかたにおすすめしてしまいました
大丈夫なのか百%の確信はありませんが、
農薬使わない畑でもよその畑から飛散している可能性はゼロじゃないので
いずれにしても大丈夫百%の確信などないのです

病気ではないけれど、こだわりのある方が
細かい質問を生産者に投げかけるのは、わたしはあまり歓迎しません
たぶん、ほとんどの農家は歓迎しないと思います

柿にしても、一回の農薬を使うたびに、二人で協議して
使わないと、収穫が十分にできないかもしれないリスクとか
使っても効かないかもしれないものを使う必要があるのかとか
メリットデメリットを計りながら、慎重に使います

使わないですまそう、と言ってしまうのはかっこいいですけど
太秋柿の場合、うちの畑は広大ですから お世話に費やす時間が膨大なのです

来る日も来る日も夏の日盛りの時期に、二ヶ月数十日、はしごを上り降りしながら
ひとつひとつ毎日何時間も、手でかけた袋の中の柿が
ぼったぼったと、地に落ちていい とはとても思えない。

冬の寒い時期に、顔を真っ赤にしながらかじかむ手で剪定に費やした数百時間を
無にしていいとは絶対思えない。

そういう重い天秤をかけながら 農薬を使っていくのですが
それを食べる人が理解することは難しいと思います
だから

「どんな農薬使うんですか」
「無農薬無肥料の柿ありますか」

と電話がかかっててき、答えをいうなり

「じゃ、いいです」

と電話切れるというのがココロイタイ

ご自分で、食べて自分で判断してもいいんではないでしょうか
電話でリスクを低くしたいという気持ちわかるけど。
柿に何回かかけたところで、虫も病気もおさまらないし、味も安全面も差はないとおもう。
化学薬品過敏症の人にOKなくらいなんだから。

気になるのは当然だし、聞きたい気持ちもわかりますけど

最近、そういう電話の数がとても多くなり、正直困惑中です

来年は、無農薬の柿だけ作ろう、と決めているのは
その畑の面積が広くないからです

これくらいならなんとか、費やす労力と受け取るお金の対価があってなくても
そのうちもっとできるようになる、という意欲が続きます

>>>

4年前のつぶやきです

4年前といえば、
剪定を変えたあとの樹の勢いと、収穫量が、一時的に爆発的によくなった
そのあと、壊滅的にダメになっていきました

この2年後は2000坪の畑で20個も商品にならなかった
「100坪に一個ってこと?」
と友人に大きな声で驚愕され、
「あらほんとだ」
と大笑いしたのはうちの夫婦だけで、
その場の空気がしーんと凍った飲み会の時間が思い出されます

栽培方法だけが問題なのか、冬や春の気候の変化に問題の核心があるのか、
こういうことを同じ気候条件でやっている農家がもう一軒あると
研究もできますが、一軒しかないから難しい。
問題の核心は、うちが「へたくそだから」なのかもしれないですし。


太秋柿に関して、今は農薬ゼロの畑しかないけれど、
長く、二つの場所で栽培法をあれこれかえて試行錯誤を繰り返してました。


果樹はむずかしいね


最近都会から来た編集者の友人がいってくれました。
ほんとに、むずかしいね。



無農薬野菜が中心の熊本野菜のセット、新米、お茶などのご注文は
錦自然農園フルーツストア
関連記事
スポンサーサイト