映画『ミスター・ノーバディ』

SF映画です。

アマゾンのプレミア会員というのになると無料で映画が見れるという
映像文化を破壊するのか的サービスに加入してまして、ときどき無料の映画を見るんですが、
とんでもない大当たり映画に出会ってしまいました。

映画に関するほとんど情報をいれず、つまんなかったら途中でやめればいい、と思って見始めました。

「これはアメリカ映画じゃないね。イギリス?」と、始まってまもなく私がいうと
「アメリカにきまってる」とおっとが断言。

両方まちがい。
ベルギー人の監督で、フランス、ドイツ、ベルギー、カナダ映画でした。
最近公開された映画「メッセージ」にタマシイを打ち抜かれた人には、
この映画も打ち抜かれます。

私は打ちぬかれただけですまず、コッパ微塵に粉砕されたようなショックを受けました。
夜12時近くに見終わったのもまずかった。
興奮した頭は、なかなか寝付いてくれず、もやもやと映画のイメージが消えてくれないのでした

「メッセージ」と共通しているのですが、テーマのひとつは時間。
そこに「わたしは誰か」という非二元的といかけがかぶさり、
頭で内容をとらえようとすると、複雑なのですが、
美術がすばらしく、ビジュアルが理解を助けてくれる

でも、いっしょに見てたおっとは、早い時間に「いみがわからーーん」

映画がすすむにつれて、一瞬でも見逃したくない状態がずんずん深まっていくのです。
137分、最後までかぶりつきでした。
緊密に練り上げられた脚本がちみつに層を重ねていくディテールをチラ見せしながら、映画が進んでいく
まあ、みごと。おもしろすぎる。
見届けたい、どう終わるのか知りたい、という欲のかたまりにさせてこそ映画。



あのときもし、こうしていたら、その先はどうなったか
あのとき、こうしていなかったら、自分だけではなく、その他無限に無数の誰かの人生も
バタフライ現象的に変えていったかもしれない。
同じく自分の選択だと思っていることも、自分のほかの誰かの選択の影響を
バタフライ現象的に受けていたことを私は自覚してないだけかもしれない。


ついつい自分の過去もその視点でふりかえります。

「あのとき、。。。。。をしなかったら。。。。。。になっていたかも」

って無数にあります。

「もしあのときアレをしていなかったら」シリーズで、今いちばん自分に感謝するのは、

2009年の9月に恵比寿の友人宅にごはんを食べにいったことですね。
もし、行ってなかったら
「えみちゃんは、『西の魔女が死んだ』って映画のおばあさんに似てるんだよね」
という友人の言葉を耳に入れることがなかったでしょう。
それを聞かなければ、西の魔女・・・って映画を見なかった。
映画を見なければ、田舎に住むことを本気で考えよう、行動しよう
なんて思いつくことができなかった。
思いつくことができなければ、
夫をネットで探すなんて思うこともなかったし、
その1ヵ月後にオットを発見、1ヵ月後に会いにいき、その2ヵ月後に婚姻なんてあるわけなくて
今ここにこうして農園ブログを書いているわたしは存在してなくて、
たぶんまだ、都内のどこかで、「今日の打ち合わせには何を着ていこうか」と頭のすみで思いながら
コンクリートの白い箱の中で目を覚ましているでしょう。


あのころ、ものすごく遠い夢として憧れていた
犬を散歩につれていく朝、というのを
今日もしてきました

あのころは夢想だにできなかったが、現実が夢を通り過ぎてます。
朝ごはんを夫がつくってくれています
私は、朝ごはんを一緒に食べる人がいるところまでしか夢想できませんでしたのに。

自分で育てた原木しいたけをたっぷりいれた、ゴボウや昆布や干ししいたけでだしをしみださせた
一晩サーモス(保温調理器)で煮込んだお味噌汁をつくるオット・・・って考えはなかったなあ


「ミスターノーバディ」は、日本では2011年公開だそうです
そのころは熊本にきたばかりで、映画などという文化に触れる生活はあきらめきってました。
今のように片道二時間以上かけてコストを一万円近くかけても映画は劇場で、などと思わない時期でした。

もったいない。劇場でこそ見るべき映画。小さい画面で見る映画ではなかった。
それでもこの映画に出会えたのは僥倖でした

この映画のおかげで・・・・・・というのがきっとあるのですが
それに気づくのはうんと先のことなんでしょう

2009年に公開された映画。この時期に世界は大きな変革期を迎えていたんだろうなあと
あらためて思ったりします。
2001年宇宙の旅、という映画もその時代にはすごかったんでしょうが
こっちのすごさは、レベルがちがう。
なんていってはいけませんが、このような映画が作られる時代になってるってことにも驚いたんだと思います




ぶどう、くり、やさい、おこめなどなどのご注文は
錦自然農園フルーツストア


関連記事
スポンサーサイト