桃の発送状況について

2017July24_2.jpg


「桃はまだ送られてきませんか?」

というお問い合わせを、連日受け取っております。

そのお答えを毎日、↓のような文面で、
お相手により違いますが、お返事しております。
以下は、今日お送りしたお返事のひとつです。


「お答えのほうを先にしますと、もう少しともいえますし、
まだ少しかかるともいえます

ただいま順番にお送りしております
6月26日までのお申し込みの方が最も多くいらっしゃいます

今日までのところ、後期の桃の収穫量は想定していたよりも少ないので
すべてのかたにお送りできないかもしれません

山育ちの桃(ワケアリ桃)が、前期の桃より少なく、正規品のほうが順番が進んでいます

しかし、この進み方に関しては、私たちにも予想ができません

収穫は8月半ばまで例年は続きますが、何かの事情で早く終わることもあります

お振込いただいているお金はお送りできない場合はお返しいたします

キャンセルは可能です。」



はじめてうちの果物をお求めになった方にとっては、
いつまでも送ってこなくって、とても不安な思いをさせているかと思います。

昔はもっとひどくって、
三ヶ月くらい待っていただいてやっと送っていたり、
三ヶ月待たせたあげくに、お送りできなくて、お金をお返ししたりすることを
していました。


今年は、どうなのか?


後期の桃に関しては、3000個の袋をかけました。

農薬や肥料をちゃんと使っていると、こうはしなくてもいいのでしょうけれど、
リスキーな方法で栽培していますので、
1500個くらいしかご注文を受けていません。


後期の桃は、品種が4つあります。
今、3つの品種が発送されています。
この三つに関しては、
袋をかけた桃の「3割」くらいしか発送できるものになっていません。

あとの7割は、蛾や、鳥に食われたあとがあったり、形がいびつすぎて
ワケアリにも入れられないものだったり、
中が真っ黒である確率百%だから、ワケアリにも入れられなかったりして、
結局、販売できるものは
3割だけ。

4つめの品種、川中島白桃がどれくらいお送りできるものになるかは、
なってみないと、わかりません
予想ができません

ワケアリ品が、前期はたっぷり出るのですが、後期はあまり出ない傾向がここ数年続いています。
ワケアリ品が少ないのは、いい桃が高い率で、できているからではなく、
悪すぎの桃が多いからです。

今年もそうなのか、違うのか、わかりません。


農薬は極小しか使わず、肥料も使わない、完熟まで待つ、
という農園はリスクだらけです。
「お送りできない可能性もこみでお申し込みください」
と、販売サイトに書いているのは、冗談でもなんでもありません。

2017July24.jpg



リスクだらけのなか栽培、販売をしております。
2年前は、3年前の9割減の量しか販売できませんでした。

前の年の1割

けっこうスリリングでしょう?

専業農家としては、けっこうエッジの効いた選択♪です

長年のお客さまには、そういうことをわかっていただいているので、
私たちも、だんだんと説明しなくなってきております。
それは、怠慢ですし、いけないな、と気がついてましたが、
ここ数日、夫婦でお互いに「あなたが書きなさい」と押し付けあって、
日延べし続けておりました。
すみません。

わからないし、
不安だし、
どうなっているのか、
どれくらい採れるのか、
いつごろまで大丈夫か、

知りたいのは私たちのほうなんです。
説明を本気ですると、
なんだかぶっきらぼうな、あいそのない、文面になるので、

やだなあと
私より、文章がていねいで、じぇんとるな感じがかもし出せる(?)
おっとのほうが適役だと思うのですけど、

ついに私が書いたのは、
JJ米の順子さんが
「それはえみちゃんがかかないと」
といったせいです


販売サイトの「ご注文の前に必ずお読みください」のページには、
以下の文章があります。

ご注文の商品をお送りできなかった場合は、「お振込みいただいた金額」、「クレジットカードで引き落とされた金額」を
● ゆうちょ銀行からお振込みにて返金 
● 当店でお買い物できるポイントでの返還
● 同金額のくだものなど別の商品での発送 
● 同じ商品を「翌年」優先的に発送する
などから、ご希望される方法で代替させていただきます。

郵便書留による返金はいたしかねます。
どうしてもそうすることが必要な場合は手数料を引いた金額を郵送させていただきます。

「クレジットカード」でご購入の場合、決済は、発送された日に行います。



キャンセルはできますので、お申し付けください。
3000個も袋をかけて、半分以上、売れない、というのは、作り手としては
かなりきついことです。

でも、
なんでもかんでも送るということはしない、
自分たちの基準でおいしいと思うものだけ送る、というのを守ることで
長きにわたる信頼をいただいていると思っています

理解してくださることがありがたく、キャンセルもご都合に応じてしてくださるのを望んでおります。
無理してキャンセルをしないでいただく必要はありません
お送りできなかったらキャンセルをお願いするしかありませんので。




ブドウと野菜とお茶とお米と乾物のご注文は、

錦自然農園フルーツストア
関連記事
スポンサーサイト