卵、受付終了しました

tamago1[1]

まったくもって突然ですが、
卵のご注文うけつけが、昨日、終わりました。

すでに受けている方にも、申し訳ありませんが、キャンセルさせていただきました。
個別にメールをお送りしておりますが、本当に申し訳ないです。

今年87歳になる高齢で卵を作るのは、たいへんだろうと思います。

「死ぬまでやってください」「はい」、という会話をしゅうととした時期もあったのになあ

「やめる」というせりふは何年間も聞き続けていましたが、
今年は本気ぽい、とは感じてました。


特に、発送用のたまごは、発送途中での事故に気を使うせいか、プレッシャーになっているようで
早くやめたがっていました。


最近も、全国のおいしい卵を知り尽くした食関係の方から、
お父さんの卵について、過分のお言葉をたまわりました。

それを伝えられても、お父さんの顔はピクリとも動かず、

ちょっと間をおいて

「わたしは、自分のつくっとるものに、自信がなかとよ」

というばかりでした。



目が悪くなる、手先が思うように動かない、そういうことが
卵の質になんらかの影響を与えるのがいやなのかもしれません。


「お父さんのあとは、あなたたちが、もちろん継いでくれるんでしょうね」


何年も前から、お父さんの卵ファンに言われ続けてきましたが、

それは
無理。


私たちじゃない誰かが継いでくれないか、と探した時期もありましたが
簡単にはみつかりません


こういうことが起こったこととはなんにも関係ありませんが、

一人分に五個も卵をいれてオムレツをつくりました。
バターをたっぷり使って、
おっとの手作りしたケチャップをつけて・・・・

おいしかった・・・・・
卵屋だからってそんな贅沢はまだしたことなかったのですが、
昨日、突然、魔が差して☆
それはお父さんから爆弾発言される直前のこと。


お父さんの卵とはじめてであったのは、まだ東京にいるころでした。

箱みたいなマンションのキッチンの一隅が、その卵かけごはんの周りだけ、
電球を替えたみたいに明るくなった気がしたのを覚えています。

おっとの「柿」の衝撃に出会って、
次がこの「卵」の驚き。

       なんか、すごいとこみつけたかもしんない・・・


そんな
こんなで
ここにおります。


70年卵とかかわり、卵つくりしかしてこなかったおとうさんの「養鶏人生」の最後の時期に、
全国の皆様にお届けする役目を果たせたことは、
よかったです
もうちょっと延長してほしいですが



最近、水素水はおとうさんも一日2リットル目標で飲んでいて、
「三日前から体がかるうかんじる」という言葉が聞こえていたりしています。


もうすこし「かるう」なったら、気持ちが変わらないかなあ




地元での販売はもうしばらく続く予定です。



ぶどうのご注文は
錦自然農園フルーツストア


関連記事
スポンサーサイト