今年の早生桃は、ニューバージョンです

2017Jun24_2.jpg

毎日こんなかんじで桃を発送しています。
これは、前期の「自然派の桃」中箱です。

15年間、こうやって桃を送ってきました(わたしは7年)。
収穫の見極めはずっと同じ。
お客さまには、それほど問題なく届いていました。

ところが今年は、いろんなところで、問題が起こっているようです。

最初は何が起こっているのか、まったくわかりませんでした。

お客さまからいただいたメールや電話は、
怒りではなく、
「いつもと違いますね」

ん?

つまり、汁が出ているとか、ぶよぶよだとか、そういうことらしいのです・・・・・・・

佐川急便にそのたび、補償してくださいといってましたけど、
一回も補償はされません。
補償されないけれど、再送を望む方には、再送を重ねてきました。


今日もまた、汁がほぼ全部の桃から出ていたという電話をいただきました。

改めて、佐川さんと話したのです。すると、
このへんには桃農家が多いけど、事故は一軒も起こってない。
桃で事故が起こるのは「錦自然農園さんだけです」
送っている桃の問題はないんでしょうか



え?

そこで初めて、
ひょっとして問題は、完熟収穫??
と思いあたったのでした


今日、関東のお客さまが電話でおっしゃいました。

「うちはオーガニックを扱う店で買い物しますけど、そういう場所でも、
売っている桃はどれも驚くほどカチカチに硬くて、時間がたったら柔らかくはなるけど、まったくマズイです」

「それは農家が経済性を確保しようと思ったらあたりまえのことみたいです。
ベルトコンベアーで桃をごろごろまわせるくらいの桃を作っている大産地もあるって聞いたことあります。
今年みたいなことがこれからも続くんだったら、うちが桃を作るの続けられるのかな、って思ってしまいます」


問題が発生する場所は、関東に集中しているので、
トラックから入れたり出したりの回数の差が原因かと思う部分もあります。
でも、
うちのお客さんの中で一番多いのが東京の人で、次が神奈川というのは
前からのこと。

前と違うのはなに? 

収穫期がうしろにずれ、春から長期にわたる少雨の影響もうけ、収穫前の数週間が高気温だったこと?

もっと他にも原因があるかもしれません。
収穫期が10日ずれたのは、桃に限った話ではありません。野菜や他のくだものにも幾度も聞かれた話でした。

何かがおかしいのですが、
何がおかしいのか、その原因は何なのか、それはわかりません。
過去にない弱さを桃に加えている原因が何なのか、私たちにはわかりません。

もともと、ちよひめは皮が薄く、果肉は繊細。
そんな桃を、完熟収穫をすることが間違いなんだ!

ということ?

でも、これまでずっとそうしてきましたから。

私たちが、フルーツの栽培方法で、何かを変えないといけないとしたら・・・・・、

未熟桃を収穫しろってことですか?

そんな迷える錦自然農園ですが、
数年前からうちのフルーツをご愛顧くださっている、今ではミシュランも認める
恵比寿のタクボさんが、
facebookで数日前、こんなことを書いてくださいました。

紹介させていただきます。
オットはこれを「自慢みたいだからやめろ」といいました。
自慢かもですが、ホントに迷いの中にある農家の思いが届いてることに驚き、感謝しました。
伝えてくれた桃にも感謝です。


【錦自然農園の桃】

僕が日本一だと思う桃です。
内布夫妻がほぼ無農薬、化学肥料も堆肥も使わず大切に育てあげた桃。

そして、樹上で完熟させます。
一般的な農家さんは輸送のことも考慮して
早摘みし出荷します。なので店に届いてから
熟させるわけですが、柔らかくはなりますが
美味しくはなりません。
美味しさを求めるなら樹上で完熟させて
出荷するのがベストです。
しかし、1つ問題があります。
桃は大変デリケートな果物ですから
完熟させた桃を熊本から東京に送るのは
かなりリスキーです。運送会社さんが
雑に扱ってるとはいいませんが、
桃の荷物の上に他の荷物を置くだけで
潰れてしまいます。
なので、写真のように頭が少し潰れたり
変色したりしてしまうのです。

僕たち料理人が食材の背景を知ることはとても大切だと思います。
例えばこの桃が市場やスーパーなどで雑に扱われて潰れたりしてたらどんなに安くても僕は使いたいとも使おうとも思いません。

内布さんの少し潰れたり変色した桃は
スーパーや百貨店には絶対に並ばないでしょう。

でも、僕と内布さんの間には信頼があります。

なので、
TACUBOでは、自信を持ってこの
ちょっと潰れたり変色したりした
日本一美味しい桃を使わせて頂きます‼️

安心してください。明らかに味に影響があったり
余りにも見た目が悪いものは僕が食べますので
ブヒブヒ



>>>>
タクボさんだけが特別にこんなことをいってくださっているわけではなく、
多くの方が、私たちがお客さんに望んでいる理解の程度よりも、はるかに大きな理解をくださっています。

それに甘えたり、冗長したり、自慢に思うとかは、ぜんぜんしてません。

当惑と迷いと、不安と、何をどうするのがベストなのか求めあぐねる気持ちは積み重なる一方です。


今日はお客さんと電話で話す機会が重なりました。

東京のお客さん

「去年もおたくから桃を買えなかったでしょう。
うちは、桃なしの夏をすごしましたよ。
お宅の桃しかもう食べられませんから」

横浜のお客さん

「たいへんですよね。こんなこととてもできないと思います。
汁が出てたのは実は前の週に静岡からビワを送ってもらったのに続いて2回めで、
送りなおしてもらおうと思ったけど、それはいいとしようと思います」


私たちには、何が正しいとか正しくないとか、主義や主張はないです。


うちが作っているようなもの、こういうものが欲しいと思っている人だけに、
届けばいいな、と思っていろんな努力をやってます。
やってますが、べつに胸をはってそうしているわけでもないです。

追伸

あとでわかったこと。
この年の桃の脆弱さは、あまりに糖度が高くかったせいだったとわかりました。
糖度が高くなりすぎているなんて、そんなこと夢にもおもわず
いつもの収穫をしていたから、汁がもれだすような状態で届いたということのようです。
本当に何が起こるのか毎年わかりません。
「錦さんの桃だから大丈夫だとかなり壊れていたけど食べましたが、とってもおいしかったです」
とメールくださった方がひとりではありませんでした。
涙でそうでした。てゆうか、でました。





野菜セットのご注文は、毎週水曜正午まで
錦自然農園フルーツストア

関連記事
スポンサーサイト