小林麻央さんのこと

今日は、桃と野菜の発送で、しっちゃかめっちゃかの時間に、
NHKラジオから流れてきた小林麻央さんの訃報に接し、
心が一瞬空白になりました。
彼女がこのまま厳しい時間を過ごすことが
どれほどきついというのは、じゅうじゅうわかっていましたが、それでも、
ずっと生き続けてくれたら
どれほど、多くの人に希望と励ましを与えるか、と思っていました。

生きていてくれるだけで、こんなに希望をくれる生のかたちがあることを
彼女は、見せてくれました。

わたしが5日でギブアップした抗がん剤を
彼女は驚くほど長い期間やってました
すごいなあと思ってみていました

きっと私より何百倍もいきたいという気持ちが強いから、できたんでしょうね
お子さんたちをおいていくことは、くるしみの最たるところだったでしょうね

長く生きることが、短い寿命よりいいこととは思わないし
病気を克服することは、克服しないことよりいいこととも思わないし

ということは、なんだか前も書いた気がしますが

最近気づきました。

こうして、みなさまに桃やら野菜やらを届ける
元気な時間を、できるだけ長くしたいという欲求が
とても強いみたいだと。


働きたがりというのはじつに、困ったもんです。


あと30年くらいいいですか?



「自然派の桃」もそれほどお待たせしませんが
「山育ちの桃」は、即日です。日川白鳳の収穫も始まりました。
錦自然農園フルーツストア

関連記事
スポンサーサイト