桃の価格問題

2017jun7.jpg

なんと二週間もブログを書かなかった
いつ以来だろうか。ひさしぶりです。

この写真も2週間くらいまえのもの
ブログの写真担当者に言いましたよ。
「なんで撮らないの」
「忙しくて、もー、そんな時間あるわけないだろ」

1年間の最多忙時期は、今週でおわります。
今週一気に送ってしまうと、あとはふつうに桃シーズンが続きます。
8月まで。

トップバッターの品種、ちよひめの収穫期はあと数日
日川白鳳も今週からはじまります!
早生桃のおいしさを体験したことのないかた、
どうぞ、ご注文ください!
速攻で送れます


錦自然農園のふたりは、ほんとにショーバイへたくそだね

と思ってるかたはお客さんのなかに34人(意味ない数字です)はいるとおもいます
じつにへたくそ!

わたし(つま)が球磨人になってネット販売はじめた2011年から
2014年までは、ずっと、

お客さんが求めてくれる量 > 収穫量

注文もらったのに送れません、すみません
をくりかえす心苦しさのなかで
シーズンが毎年終了していました

2015年と2016年は、
5年をかけてチャレンジした剪定方法の失敗が気象異常と重なり、
一年間、桃畑を世話したあげくのトータル収入が、
20万円代とか・・・・(桃は、うちの主力作物なんですけど!)

そういう時期をへて迎えた

2017年

「うーーーん あんまりよくないね」
オットが予測した原因のひとつは、乾燥による虫害。

ところが風景としての調子は悪いんですが、
果実としての調子は悪くない。

「ひょっとしたら、桃のちょうしは、よいんじゃないの!」

ツマが言い出したころには、

「あんまり注文いらないから(高くていいんじゃない?)」

というオットのよみオオハズレ。

(どひ・・・・いまさらどうするの・・・・)



でも、よかったと思ってます。

わたしたち、
イチゴの作り方にしても、剪定にしても、
世間に成功例がなくても、どうなるか結果を見てみたいからやってみよう

て、スピリットが夫婦共通。
柿なんか、桃より過激に失敗して、2年前は、2000坪の畑で年収6万円だった。
(慣行栽培でちゃんとできれば500万の土地だとJA職員にいわれてます)

今回、「やってみよう。結果をみてみよう」とトライしたのは、
自分たちの思いにふさわしい桃の価格をつけることでした

そんなことをしたいと、農家のすべては思っているとおもいます。
なんで洋服は、バッグは、レストランで食べる一皿は
あの価格で流通しているのに、

農作物はそうじゃないのか

かつて、かぼちゃに2500円の値段をつけて撃沈した人の話をききました。

価格をつけるのって難しいです。

スピリチュアルなんたらの1万円は安く感じて、
イタリアのラグジュアリーブランドの商品の1万円は安く感じて、
熊本の、いろいろがんばった果物の一万円は、高すぎると感じる。

そういうトライアルを初めてやってみた!

やってみたから、私たちの適正価格を、私たちなりにわかった気がします。

4年前は、イチゴの価格を1パック1000円超えさせるだけでも、
夫婦間で、大激論でした

価格を高くしても買ってくれる人は、どんな人?
今の自分たちの作物を愛してくれてる大切なお客さんを失ってもいいの?

オットはほとんど涙目でした
だけど
結局、わたしたちは、イチゴをやめることにした。
理由は、根源でいってしまうと、
高値をつけることができなかったせい。

自分たちがどーしたってつけたくない価値をいちごの価格にのせないと
イチゴ栽培にかかる時間とエネルギーがみあわない
だったらやんないほうがいいよね

です

イチゴを喜んでいただくことでえられる幸せをどんなにいただいても
イチゴはきびしかった・・・・・・
錦自然農園の果物でワタシが一番爆食するのはイチゴなのに。
大好きなのに。

桃は、ただいま、

収穫量 > 販売量

やっばーーーーーー!!!
あまったらどうするのかは、まだ夫婦会議してませんです。


いまの桃園の風景が悲しいといいましたが、
農薬をもうすこしかけていれば、見なくてすんだ風景。

でも、だからといって、もっと強力に農薬かけて、収穫量ふやそうよ、とは、うちでは誰も思っていません


ただ、
つくづく、
こういうことって、


おもしろいなあとおもいます。


2015年に桃が20万円代でも、柿が6万円でも、オットも私も
農業以外の仕事をしに、出稼ぎしないですみました。

農薬も肥料も最小にしても、びんぼうしないですみました。

ジャムや黒麹やキムチをつくり
野菜セットを販売して
フルーツでいくら無謀しても、いきていけるように、と準備してきたせい、じゃなくおかげです


今日やっと、黒麹つくりました。ジャムつくりました。



野菜セットのご注文締め切りは毎週水曜。金曜発送。桃との同梱OKです
桃のご注文、桃ジャム、黒麹、そのほかめちゃおいしいもんのご注文は、
錦自然農園フルーツストア
関連記事
スポンサーサイト