元「東京タラレバ娘」


友人に漫画の「ワンピース」の大ファンがいて、私は聞いたことがあります。
ワンピースのおもしろさを一行で教えて、と。
その人は、間髪おかず言いました。

日本語が読めるのに、作者と同時代に生まれたのに
これを読まないで死ぬなんて、人生がもったいない

国家公務員(独身・男・44歳)が、めったにみせない真顔で言うのでしたが
まだ、読んでないです


いま、たのしみに読んでいるのは、

「ブルージャイアント」(石塚真一)・・・ジャズ
「リアル」(井上雄彦)・・・・・・・・・・車椅子バスケ

すごいです。読み出したらやめられません。

「モーメント」(槇村さとる)・・・・・・フィギュア
「三月のライオン」(羽海野ちか)・・・将棋

こちらも好きです。

そして昨夜深夜までかかって読みましたのが

「東京タラレバ娘」

なんとなくこんな内容なんだろな、と想像していたのを軽くこえて、おもしろ深い。

結婚したくて愛をもとめてさまよう33歳の東京在住女子三人の話がどうしてこんなに刺さるのか
まちがいなく、わたしもタラレバ娘だったからですが。
結婚するのが、どうしてこんなにむずかしいかなあと思ってました
45歳まで。

理由がわかったのは最近ですが、
「結婚したい相手に求めるもの」がわからなかったからです

私の場合もとめるのは、「話ができる」ということ。コミュニケーションができるということ。
おっとにであってから、そうだったよ、これがほしかったよ、と思いました

見かけとか、収入、職業、もっている能力とかは、どんどん変わりますので
そこにはもともと重きをおいてなかったんですが、では、何が重要だと思っているのか
自分でわかりませんでした

コミュニケーションができるだけなら、いくらでもいそう。
話がおもしろく深くなる男友達いっぱいいます。
ところがこれ、「友達なら話できるけど、オクサンになった瞬間からできなくなる」男、
ものすごく多い

結婚前に、それができる人かどうか見極めるということができるのか
見極め方のひとつは、その人が、自分とコミュニケーションできる人かどうかではないかと思います。

男のほうが自分のことわかってない人、多い気がします。
自分に嘘つくというか、本当はなにが大事で何を誇りに生きているかがわかってないというか
誰かがつくった規範から反抗するにしても、従うにしても、宇宙の中心が自分じゃないかんじというか

うちの夫は言葉の数がすくないし、どっちかというと、無口に近いですが
本質しかいわないような感じが会ったその日にしたので
会ったその日に、けこんしよーとなりました

夫もわたしとおなじく、結婚市場からはみだしていて、みつけてもらえなかったし
そういう部分が大事とおもっている人が、多数派ではないということかもです

結婚したいんですけどーー

と女の友達にいわれるときによくいうのは、

いい男なんていないから、原石みつけて、それを磨くつもりでいればいいんじゃない?

です
「なんてこの人、いい人なんだーー」からはじまる関係よりは、
あれこれ問題あるけど、そこは目をつぶれる、というはじまりかたのほうが
先があるといいますか
問題ない人なんていないから

でも、何にめをつぶれるのか、ぜったいにゆるがせにできないかは、
これまた、わかっている女子がすくないから難しいんですが

いつだったか
「食事の食べ方で男をみる(わかる、だったかな)」という女性がおりました。
そんなことは、何の意味もないと思いました。食べ方なんか教えたら変わるし。
変わらなくてもそれが何かを深く意味することはないような。


別のときには
「無農薬で農業している人と結婚したい」という女性もいました。
「そういう人はいっぱいいるけど・・・農薬を使い出したら別れるの? その人が農業やめたらどうする? 
だったら、年収いくら以上じゃないとダメとかいってるのとあまり変わらないよね」

でした。


大好評をいただいております金曜発送の野菜セットは、
毎週水曜正午しめきりです
ごぼりんとうも、水曜のしめきりですが、ただいまご注文が多く、来週の発送ができない場合もあります
お早めにご注文ください。ご注文は、

錦自然農園フルーツストア
関連記事
スポンサーサイト