不耕起栽培のいちご

2017Feb7_2_ichigo.jpg

以前、都会でカフェを営んでいる方から電話をいただいたことがありました。
いちごを注文されて、食べたということです。
もう3月も半ばになって温かくなってきていたので、
「おいしくない」とか言われちゃうのかなあ・・・と身構えておりましたら

「いろいろなイチゴを頼んできたけどうちのがいちばんおいしかった」

とのことでした。

うちのイチゴがおいしい理由は、
ボイラーを使わないせいだとそのひとは思ったようでした。

「だってさんざん低農薬や無農薬や有機栽培のいちごばかり頼んできたんですよ。
そういうのでも全然おいしくなかったんです。
おたくとの違いは、ボイラーを使うか使っていないかじゃないかと思います」


ボイラー不使用のせいじゃないと思いますよ 3月でしたから。
でもなぜ味が

他のいちごより群をぬいてよい

という声がこんなに多いかということについては
わたしたちにもまったくわかりません 今まで意見は言ったり、聞いたりしてきましたが
結論はないままです

わからないことだらけです。

知れば知るほど、いかに知らないかがわかってきます。
作物のことも自然のことも。


今日まで、いちごのご注文サイトに、
「定植後、農薬を一回散布しました」と書いていました

去年のままにして訂正し忘れていました。
定植後は、農薬不使用です

遅すぎ。

こういうことばかりしていますが、農薬が一回か0回かで何かが変わるわけでもないし

サイトに書いてないですが、不耕起でもあります

たがやしてないんです。
肥料、堆肥をすきこんでないだけでなく、
定植の直前まで、同じウネで、野菜を作り続けていました。
休みなく、働かせている畑だということです。

そのせいか、どうか、これもわからないことですが、害虫がかなりかなりでなくなりました。
結論するのは早いですが、気温が上がれば状況は変わるかもしれない

それと、「ランナーのつりあげ」をせっせとするのを今年からやめました。
一部はしましたが、作業の途中でやめてしまった・・・・
6年間やってきたことです。意味がなかった、と結論するのは早いですが
時間をかける意味があるかないか、ここで要再考かも。

いまのとこ、味は悪くなっていないようで、収穫量も、いつもと同じように少ないだけで
さしたる悪い影響はでてないようです




今週の野菜セットにも、白菜、ホウレンソウ、ねぎ、トマト、さつまいも・・・・入ります。
白菜、トマト、さつまいもが、大人気です
特にさつまいも、
「こんなに甘いの食べたことがない」というお言葉が聞こえてきます。
ほんとですねーー どうぞお試しください
野菜セットと同梱で、3キロ、6キロ頼む方が多いですが、
おすすめです

ご注文は
錦自然農園フルーツストア

関連記事
スポンサーサイト