やまほどの贈り物

17日のお披露目パーティあたりが契機で、薬の影響はほぼなくなっています。

薬をやめたと伝えると、「なんで?」という驚きのレスポンスをされます。

「髪も抜けないし、吐き気もないのになんで?」
「私の知っている人は薬使ってたけど、副作用に苦しんでなかったよ」

薬への耐性は、百人百様。
私は特別に、きわめて、化学薬関係に弱いんですよ。

うまみ調味料がたっぷり入った「美味しいもの」を食べると
しばしば舌がしびれたり頭痛が続いたりする。

思い切って服用したら、薬のせいで死んでしまいそうになるくらいあわない人は、
お薬で病気を治さざるをえなくなる前に、予防をきっちりしておいたほうがいいですよ!!!!

百恵さんが主役のドラマ「赤い疑惑」で、当時死病とされていた白血病。
今では治る病気です。抗がん剤のおかげで。

その他にも薬がよく効く病気はたくさんあるけれど、強いお薬が無理な人はその恩恵にあずかれませんよ。
未病のうちに体質改善をしておいたほうがいいですよ!!!!

私は知りませんでしたが、
薬を拒否すると、病院との縁が切れ、検査拒否する病院があるそうです。
だから薬を処方してもらって薬代を払って、しかしそれを呑まないという方法で
病院とつながっている患者さんもいるそうです。

私は切れてるのかどうか?
一応経過観察の予約は入っていますので、細いラインが生きてます。

が、「おなかがつめたい」とか「だるい」とかいったところで
治療をしてもらえるわけではありません。できることがないし、注目するほどの異常でもないのでしょう。

ところがラッキーな私。
農園のお客さんで漢方医の方に処方をいただいております。

何がありがたいって、
相談できることが一番ありがたいです。

こんなのは相談するに足る内容ではないと思っていたことが、
ちゃんと、ひとつの症状として、べつの症状とつながっていることがわかったりする。
西洋医学とは違うからだの捉え方ですね。
数日前ですが、私が山のような生薬に囲まれているのをみておっとが言いました。

「キミはいいなあ。応援してくれる人がいっぱいいて。元気になってとみんなが思ってくれて」

言われて一瞬ぽかん、としました。
そんなことないよー、とはとてもいえません。オットがいうとおりかも。

おかげさまでここんとこすっかり復調。
昨日から畑にも出ています。

昨日から今日にかけ偶然というか、何度も、「キムチを買いたいのですが」という近所の人の連絡を受け、
キムチつくんなくちゃーー
と気合はいりました


待っていてくださるというのは、ものすごい贈り物です。
なんだかパワーになります。


20年前の私が今の私をみたらきっとうらやましがります
30年前の私が今の私をみたら早く年をとりたいと思うかもしれない


ずっとそうだったといえばそうなんですが、
特にこの二週間というもの
連日すばらしい贈り物をいただき、心を熱くする時間をいただいております。
体も熱くなって免疫あがってしょうがないです♪




野菜セットの発送は新年からですが、他のものは年中無休で発送します(たぶん)
いちごはゆっくりですが、確実に発送は進んでいます。ものすごいゆっくりの分、おいしさはキレ上がってます(意味不明)
錦自然農園フルーツストア


関連記事
スポンサーサイト