超あったまり生活

最近週に3回以上使っているのが「よもぎ蒸し」です。

黄土という特殊な土で焼いた素焼きの椅子に座って、
よもぎのほか数種の漢方薬を煮出した蒸気で下半身を中心に蒸すものです。

婦人科の病気によいということで数年前から、たまに、一回3000円で使っていましたが
このたび、毎日使うために、思い切って器具を購入しました。
15万円くらいでネット購入。韓国から送られてきました。
高いような気がしましたが、今年最大の大正解でした。

薬を使い始めて以来、毎日続いていた不調が
9割がた、昨日いっきに、低減したのです。

昨日、いつものよもぎ蒸しをしていると、

あ、いま、毒が出た

とわかった瞬間がありまして、
何をしても温まらなかったのに、重たいだるさが時には倒れるぞーというレベルだったのに、
状況急変。

体内のつめたーいコンクリートが消えてなくなり、だるさもなくなったのでした。

欲しかったのだから、何年も前に買っておけばよかったです。
小さなけちで大きな損をしました
販売代理店になろうかしら、と思うくらいおすすめです。
いまならトップセールスマンになれそう♪

もう一つ毎日、手放せないのが

クロッツの湯たんぽ

柔らかいウエットスーツの素材なので、軽くて保温性がよくて、持ち運びがベンリで
昼も夜も使います。
寝るときはお布団の中につれていき、おなかの上において寝ます。

これをするようになってから
朝まで目を覚ますことなく、ぐっすり眠れるようになりました。

これまで手術以降、ずーーーーーーーっと、夜中に2回おきてトイレ通いしていました
手術のせいで冷えていたのですね
さらに薬のうわのせで、ますますヒエヒエに・・・・

夜中に目を覚ますのは、水分を夜とるせいかと思ったけどそうではなかった。
おなかを暖めながら眠るだけで、問題解決でした。

湯たんぽはいろんな材質のものがあり、昔陶器製のを持っていました。
クロッツは完璧。製品の存在は以前から知っていたのに、買わなかったのが悔やまれます。
もっていれば病院にも持って行けたのにな~~

『免疫力を高める「副交感神経」健康法』


という本の著者の医師が開発に関わったそうです。
この本もすごく示唆に富んだ本でした。
熱量の高さに着目すれば、湯たんぽだった。
盲点、というか灯台下暗しでした。

爪もみ、します。

本も湯たんぽも、お客さまが贈ってくださいました。
Gの患者としていろんなことを経験されて、物だけでなく、いろんなものをいただいています。
ほんっとに、ありがとうございます。

ひえとり歴は4年目です。
靴下は、毎日だいたい8枚くらい
カナダ製の登山用靴下なんてのも8枚目にはいたり。
レギンスは夏でも二枚。足湯器も、パソコン時間が長いときなどは使います。

それでもまだ寒い、という人にも湯たんぽ。
どこでももっていけるのがすごくいいです。
ドライブのときも、よく私は飲みもしない缶コーヒーをコンビニでかって、
おなかにあてて、あたためていました。

クロッツの湯たんぽを使えばよかったのでした。小さいサイズもあります。

友人が作ってくれた「あずきまくら」も、首まわりにマフラーのようにかけて重宝しています。
あったまり生活をしていると、体だけでなく気持ちもほこほこして元気になってきます。


元気になるとついついうごきすぎてしまう。
夕方、近所の友人がやってきて、「少なくともあと半年は大人しくしていたほうがいいよ」と。

別の友人が昨日、日が落ちてからお米をもってきてくれたのですが、そのとき私がまだ作業場で仕事していたので

「えみちゃん、夕方まで倉庫の中で、仕事していた」とチクッたみたいですね~
「なんでそんなことしてるんだろーね」という話になったようです。

心配してくれてありがとう☆

作業場は明日の午前にぎりぎりでようやくできます
追い込みになると、急にいろいろやりたくなるのです~~

いろんなことがしたくて
計画たてててるときの、わくわくしてくる感覚も、あったまるんですよね~

「明日はあまり働かないほうがいいよ」と、別の友人から電話でいわれたです
うごきません。エミザベス一世のようにじっとしています。



野菜セットもいちごも紅茶もお米も卵も・・・・・・
錦自然農園フルーツストア



関連記事
スポンサーサイト