あたらしいたび ⑪

2016Nov25_2.jpg


オキサリプラチンは日本では2009年に私の状態への適用が承認されたそうです。

この薬の適用が承認されるまで、この治療で使われた別の抗がん剤は、
48時間もかけて静脈にいれていたそうで、それがオキサリだと2時間で入れられるようになり
効果も以前のより20%高くなったそう。
すでに51の国と地域で使用されていたというのに、
薬そのものは2005年からあったというのに、日本では使えなかった。

こういう未承認薬の問題、使わせてくれーと思いながら苦しんでいる患者さんの話
聞きますよね。

オキサリプラチンも、やっと使えるようになった!
ばんざーい、と大喜びで使う患者さんもいたのかもしれませんね。

よく、薬はあるのに日本では使えないから、高い医療費をものともせず外国に行く人もいますね
または、薬はあるが国が皆保険制度でないために、医療費が払えず薬が手に入らない苦しみとかも・・・・・。

ありがたいことに今私はそれを使えるのです!



・・・・・・・なんてこと書いてみても、気持ちが使いたいほうに動くわけはありません。
もう使わないことにしました。


服用をやめるまで、一番きつい副作用は、「毎日の鬱」だったと今になって思います。

服用をやめた今になっては体温の低下に驚いてます。
体の深部にコンクリートのかたまりがあるかのように、アタタマラナイ
温泉で長湯してものぼせるだけで温まらず
よもぎ蒸ししても汗の出方は以前の1割ほど
薪ストーブの前に陣取って足湯しても寒い・・・・
もっとも私を温めるのは友人が作ってくれた「あずきカイロ(まくら)」です。


この冷えきった体は、神経の麻痺という副作用もあって
冷たいものに触ると、ピリピリして痛くなり、動かなくなります

今日は野菜の発送日で、しかも夫が作業場の薪ストーブを買いに遠くの町へ行く日でもあり
手足の不自由な私が指示をだして
くりちゃんやなおこさんが作業をしてもらう方式でやりました。

ボールペンで文字を書くというのさえできなくなってしまうんですから、ネギを箱に入れるのもできませぬ。

ときどき家にもどってお湯に手をつけて体温をあげて、少し動くようになり、
また作業場にもどって手が冷たくなってしびれて痛くなってきたら、家に飛び込む・・・
を繰り返してました。

こう書くとなんだかかわいそうみたいですが、
しっかりした仕事をしてくれるふたりがいてくれて
私が口だけですませられる環境というのは、どう考えてもありがたいことこの上なしです。

17日のおひろめのぱーてぃも、企画したときは予想もしてなかった状況になっておりますので、
料理もできないし、作業場や倉庫の引っ越し作業もできないし、人をお招きしながら
グラスやお皿さえも(冷たいから)運べないのです。

友人の中には、「訳を話してキャンセルすれば」という人もいましたが
私は
こんな不自由で状況の悪いときにこういうイベントの日がぶつかる機会はめったにないから
たいへんそうで、おもしろい。やらないのはもったいない。と考えています。

冷たいものに触れると動かなくなってしまうのは、口の中も。
冷たいというだけで、口が動かなくなってしまい、「すごくまずい」と言っているときの顔になります。

温かいものしか食べられない、飲めないですが、さして不幸ではありません。
最近の私の一日は、夫がつくるお味噌汁の匂いに目をさまして始まります。
今日はゆうごはんに、ちりこんかーんを作ってくれました。
おいしすぎて悶絶しました。
秘訣はザワークラウト。じゃがいもやニンジンとともに、たっぷりと煮こまれていました。


次なる方策を自分の中に探しに行くたびに出ます。
何をするにしても、まず自分というデータの読み込みが一番先だ
ということが発病から二ヵ月でやっと腑に落ちました。
長い年月をかけてがんを作ったのですから
それができていく機構、メカニズムは、表面をちょっとわかったようなつもりの自分把握では
足りないことは間違いありません。



いちごの発送は1月の末より先だと思いますが
どうぞご予約くださいませ
錦自然農園フルーツストア




関連記事
スポンサーサイト