お名前をしっちゃいました

クラウドファンディングの応援をくださったかたのお名前を夕方

ついに知りました

はあーーーーーーーーーーー

と肺活量いっぱいいっぱいの
長いためいきをつきそうになりました
つまり、もちきれないくらい幸せいっぱいのときに、私がよくやってるやつです

もーーー
ありがとお


個別に会いにいって首にかじりつきたくなる
そんなことしてくれてすみません


話が急激にかわってすみませんが


昨日、友人で画家の、80歳くらいの方の個展に友人たちとくりだしました

球磨から都会にいくのは大変なみちのりでしたが
一年ぶりに会う顔もあり、楽しかったです とっても



そのときに言われたことが



「えみちゃんすごいね。仕事してえらいね」

そんなことないからーと最初は軽くふりはらいましたが
何回もそこにいる人たちにいわれて
あら本気でいってもらってる? と思いました


私はぜんぜんすごくないんですよ

ジム仕事はしょっちゅうためて、アスリートとして失格だし
おこってるお客さんには
燃えてる火に油を注ぐし
少しもりっぱなことはしていませんが

今年の錦自然農園の秋の朗報は、ひとつだけ。

あなたの心の白い扉開く鍵♪

ではなく(↑やのあきこ)

ひとつだけ

じゅんこさんの栗がおいしいことです


ご注文は数日前に止めましたが
お送りするお客様の多くの方がよろこんでくださっているご様子を
メールなどでお知らせいただきめちゃうれしいです

というのは

じゅんこさんはとても、心配していたから

「ちょっとだめかも」
「気になるのも、はいってるから増量しといた」
「ダメって思うけどいいかなと思ってもってきた」

そういう言葉を必ず言いながら、栗をくれていたのです

私の周囲には栗農家が実は何軒もあるのです
私がなにをいったわけでもないのに

友人たちは、「うちぬのさんのお客さんには出せない」
とかいうんです

「1キロ? むり 500gだったら、精鋭部隊をおくりだせる」

こうは言わなかったが、そんなかんじで、錦自然農園にはむり。 出せない!!!

どういう意味? です


私は何もいってませんよ
お客さんにすごいこといわれて泣いた回数数知れないとかは
いってませんのに


そういう話ではないらしいのですが
私はなにもいってないのですが
じゅんこさんがいいますのは


「えみちゃんがお客さんをどういうふうに考えてるかわかるから
いちばんいいものをあげなくてはとおもう
いちばんいいのを渡さんばと思う」


そんなお願い一言もしてないのに

友人らは全員無農薬でつくっているから
すごい虫食いは当然です
栗は、イメージはどうだかしりませんが
高度に農薬使う果樹のひとつです


球磨は
栗の日本有数の産地で、業者に狙われてますから、ちゃんと儲けたい人は、農薬つかって
収穫量をあげることを重視します


そうじゃないひとが
うちのお客さんに
いいもの送りたい
と思ってくれるから
うちの栗は
ナイスなんです


で、
まあそういう意味で、
わたしは仕事している
といってもらっていたようです


関連記事
スポンサーサイト