平年比3.5倍の雨が降っています

IMG_3778.jpg
農薬を使わずホウレンソウ作っている畑です。


エライことになっています。

豪雨に慣れている熊本でも、こんなに降りまくることはまれです。
6月から気合の入った雨は降っていますが、
ことにこの10日は、平年比の350%の量が降っているご近所です。

1,2ヶ月でみても2倍の量。

コレだけ降っていると、収穫期にあたっているのに収穫できないという作物がでてきます。
この近辺では、タバコが収穫できないそうです。

桃は雨が降っても収穫できますが

野菜はどうなっているんだろう

IMG_3790.jpg

思いついて、畑訪問してきました。
松岡さんは片道40分をものともせず、標高約1000mの宮崎県椎葉村まで通って
女性ひとりで、農薬を使わないでおいしい野菜を作っています。


「去年のあの、おいしいセロリはそろそろでてくるのかしら」

とお客さんにご連絡をいただきました。

豪雨の連続で
今年は成長がものすーーーーーーーごく遅いそうです。

IMG_3773.jpg

セロリの香りは強く香ってますが、まだまだ収穫まで時間がかかりそう。

松岡さんの野菜で去年大好評をいただいた

大根
にんじん
ほうれんそう
サラダ菜


すべてゆっくり。超スローモーションな生育。
来週からいただけるかも、と野菜のお客さまにコクチしましたが
再来週まで無理みたいです。

ゆっくり育つ作物は、なんにせよ、おいしくなりますから
今年の松岡さんの野菜は、ますますおいしいことと思われます。

椎葉村に
なぜ球磨郡からわざわざ
松岡さんご夫妻が通われているかといえば

とても冷涼で農薬を使わない栽培に向いているからなのです。


風景も空気も、下界とは全く違います。

この白いのは、霧ではありません。

雲海の中の畑なのです。


気になるのは、来週末くらいからかと予測している川中島白桃の出来です。
どうこういってもしょうがないですね!


話かわりますが
「酢赤玉ねぎ」をバリバリ食べています。
今日も作らなくちゃ!


じゃがいものサラダもたべまする
じゃがいもは皮に栄養があるそうで、何を作るにも、皮つきで作っています。


錦自然農園フルーツストア

関連記事
スポンサーサイト