「リスクにがんがん挑むエキサイティング農業」

2016Feb19_1.jpg
早生桃の畑にはビニールの屋根をかぶせているとこ。2月の半ばの恒例行事


去年の6月だったか、佐川急便の担当ドライバーさんから

「何か不手際があったとでしょうか」

と神妙な顔で聞かれ、「え? なぜ?」と聞いたらば

「発送する荷物が少ないから・・・・」

「あー、それですか
不手際があったのは佐川さんじゃなくて、ウチですよ
今年はモモが超できてなくて、送るものがなかとですよ~」

「え、だって、イチゴも不作じゃなかったですか」

「そうですよ~ イチゴもダメ、モモもダメ、不祥事続きで申し訳ないです(笑)」


2016Feb19_8.jpg


このときには夢にも思ってなかったけど、柿だって惨憺たる結果でしたしね~ 
今年はどうかなあ  
イチゴは、まあ。今のところ、普通に発送ができています
普通に、というレベルがウチ基準ですから。鼻膨らませていうほどの話もございませんが


それにしても、
桃のハウスはいくつもあるので、昨日ひとりでビニルを張った園主は、ほんとにたいへんだった
だいたいこれを一人でやる人は、他に聞いたことがない
でも器用なかれは、すごいスピードでやってしまうからエラすごです

今日はわたしも、背中と腰が痛くてたまらず
えんしゅも足が痛いとうめいていました
脚立の昇降を無数の回数繰り返すのですから、そうなるのも当然

私はどうしてこんなになるのか
キムチは作っている過程で、気を抜いていいところがほとんどなくて
ずっと緊張して大量の野菜と格闘しているせいかなと思われます

そのうえ今回はインフルエンザのばかやろ、といいたいくらい、お手伝いの方にインフルによるドタキャンが続出
なんとか人を集められたのは、ご近所の頼りがいのある友人たちのおかげ
昨日でキムチ作り、今季終了です

2016Feb19_3.jpg


ぶどうの剪定も進んでいます

2016Feb19_5.jpg

きょねん、台風でダメになった苗も多数あったので
葡萄を植えなおしています

来週の24日は、町役場で農家を相手に園主はなんかしゃべらされるそうです
ウチなんかに話させてもなんの助けにもならないのではないかと思うけれど

「めちゃ働いているのにとんでもなく儲からない農家経営のコツ」

これだったら熊本県下で右に出るものがないかもしれませんね

「リスクにがんがん挑むエキサイティング農業」


誰も聞きたくないって・・・・



★ご注文はこちら 錦自然農園フルーツストア★いちごのご注文、ただいま受け付けておりますが、到着日指定は受けておりませんのでご注意ください
★いちごとキムチの同梱でのご注文は、ただいまお受けできません。キムチはなるべく遅くならないよう発送しますが
いちごは大渋滞していますので、時間がかかります




関連記事
スポンサーサイト