熊本移住4年目の日々

2015Feb5_7.jpg
去年の今頃。コチュジャンとキムチの販促のため、キムチ鍋の撮影をしたのでした



熊本に来てからの6年を振り返ることをしていたら
2013年がすごい変化の年だったとわかります
今から3年前

熊本生活4年目になにをしていたかというと

加工品の新製品をいくつも作り
ご近所の人の生産品をいくつも販売開始し
イチゴと葡萄の農地を増やし
葡萄と柿が不作で泣いている

特に柿は、人を雇ってすごく労力を注入して、あげくの惨敗
園主の気落ちは過去最高

フルーツの不作を補おうと、仕事を増やして
暇なしとうめきつつ、あちこちに出没
お客様の愛がものすごく大きくて何度も感動している

以下は12月に1年をふりかえっているブログの再掲

>>>
今年もいろんなことがあっていろんな初めてやりました体験があったような
何をしたかちょっと思いつくもの


1、初めて燻製をつくった
2、初めて人吉でマルシェに参加(植田さんのテーブルに同居させてもらった)
3、園主がケイタイをやめた
4、初めて大量の返金を経験。ぶどうがご注文に比べて収穫少なすぎ
5、初めてエコマルシェさんや利八屋さんなどで商品を売ってもらった
6、商品の発送時に「農園だより」を入れ始めた
7、年初よりしょうがシロップ、しょうがジャムを作り始めた
8、栗ジャムを作り始めた
9、柚子と檸檬のマーマレードも作りはじめた
10、JJ夫婦のお米と栗を売り始めた 
11、ゆんちゃんのコチュジャンも売り始めた。大人気
12、無農薬・無肥料の太秋柿が過去最高によくできた(当社比です)
13、ロケットストーブつくった 憧れの薪でたく羽釜ごはん、二日で飽きる
14、生まれて初めて自主上映を企画実行した『カンタ!ティモール』
15、園主がひとりで東京に1週間の旅
16、園主が作る野菜をお客さんに送りはじめた(しょうが、かぶ、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、青パパイヤ、にんにく、キノコ類やごぼうやにんにく、だいこん、かぼちゃ、きゅうり、ピーマン、唐辛子・・・。いろいろやってますが夏は忙しすぎて難しいです)
18、初めて従業員さんを雇った
19、初めて正社員さんも雇った(さゆりさん四ヶ月で自主退社・あきらくん入社)
20、ネットで滋養卵の売れ行きが急進(ネット売りを始めて2年かかった)
21、ひえとりを始めた(くつした8枚、ズボンした5枚、レッグウォーマー。。。ナツでも冬でも) 
22、初めて草木染めの講習会に糸島へいく
23、初めて地球暦の講習会に玉名にいく
24、使っているノートパソコンを4回工場に差し戻して修理をした(過去最あく)
25、葡萄が不作で暇になったので、ブドウの栽培講習会を受けに岡山まで行った(先生は道法さん)
26、マガジンハウスの雑誌「クーネル」に農園の桃が掲載(お客様のターセンさんのおかげで)
27、限界軽トラがついに廃車に。新・中古車がやってきた
28、こんな不自由でヘタクソな農園だけどあいしてくれるお客様だらけって気がすることがある
29、理不尽なことをいってくれるお客様が0だった年はじめて
30、新しくイチゴ畑を増やした(これまでの2倍弱の面積に)
31、3年続いたいちごパッケージを変更した(パックからトレーに)
32、桃とぶどうに、エチレン吸収剤を同封して完熟の欠点を和らげる試み開始した(翌年やめた)
33、10年以上続いたヤマトから撤退。佐川急便にメインの運輸会社を変更。日本郵便との取引も開始。
34、吉祥寺のギャラリーFEVEで開催された「おいしいものあつめました」展に黒麹と桃ジャムを呼んでもらってうれしかった
35、お客様の愛にハートがじかに触れてしまったために涙した回数最多
36 、ぶどう畑を増やす予定がお役所関係のたいへんさで、進行ストップ、先に進まない




「カンタティモール」の上映会を主催したことは、私の人生に類する経験がなく
結構思い切ったのですが
この映画の上映会を主催した人にはイイコトが起こることが多いそうです
上映会の日だけ通常の10倍の注文が殺到してあまりに不思議だったので
製作者に問い合わせて知ったことでした
イイコトは、いまもいつも、あめあられと降り注いでいます☆彡

関連記事
スポンサーサイト