親にできること

2015Nov1_3.jpg
熊本の自然が生んだ無肥料・無農薬・自然栽培の「べにはるか」、販売中ですよ♪ 錦自然農園フルーツストア


熊本にくる直前、毎日園主とスカイプで3時間電話していたころのこと、
「親が自分にしてくれたことで何がいちばんありがたかったと思う?」
というナイスな質問を彼にされました。

ほーいい質問だねえ
といってしばらく考えて私が言ったのは

「人の目を気にすることは恥ずかしいことだということを叩き込まれた。
ちょっとでも、人の目を気にしている気配を出そうものなら
まーた人の目気にしてぇ とちゃかすように言われるので
そ、そんなことないもんっ、と思うような気持ちに子供のときしばしばさせられた」

といったのでした。
人がどう思うかを行動の規範にしない習慣をはやくに身に着けたことは
「勇気がある」と何十回もいわれてきたことと関係があるようなきがします

人と違うことを恥ずかしいと思うのはいけないことと叩き込んだのは母で、おかげでなのかどうなのか、
「変わってる人」扱いされることが小学生のときから多かったけど、親に「それはすばらしい」と誉められた記憶はありません。
人から「馬鹿な人」と思われることは今でもしょっちゅうですがそれがなんのことでもないと思えるのは
少なくとも農家の私には役に立ってるような
母にさんきゅう

この質問が気に入って、以後、同じことをほかの人に何回か聞きました。

「オトコを愛だけで選べるように、ひとりで生きていける力を身につけないといけない、と親を見て思わされた」
これを言ったのは編集者としてバリバリやっていて、40代前半で都心のマンションのローンを払い終えた人。


あるカメラマンは、


「人生は油断がならない。安心していい気になると、すぐ足元すくわれる、と親を見て思った。おかげでどんなに仕事が順調でも、なにがうまくいっていても、どこかで油断したらいかん、と思う」
といった。その人の親は破産の憂き目にあい、母とふたり押し寄せる債権者におびえ、押入れに隠れたことがあったらしい。


編集会社の社長をしている男友達がいったのですが、

「うちの娘はやたら自立している。もうお金の世話はいらないといってきた。大学やめて、自力で専門学校に行くらしい」

たいへん優秀な大学に入ったのにもったいない気がしますが、
何を見てそう思うようになったのか? 関係ないかもですが、娘の母は、
40代後半になって離婚が決まり、急いで自立のための技術を学んでいる人でした。
父母の生き方からもらった何かが彼女のこれからを作っていくのでしょうね

経営コンサルタントをしている友人は、
なぜか人の会社のおカネの扱いにはたけているけど、自分ちの家計にはだらしない
聞けば、彼の母親が相当に浪費家みたい
家の中が暑いのがいやだからと、一日留守にしているときもエアコンつけっぱなしなんですと

彼の兄弟はひょっとすると、相当なしまりやさんになっているかもしれませんね。

同じ環境に生きてきたのは間違いないのに、うちのいもーとは、人の目を通常の百倍気にしているし。
私の母の教えは私にしか受け継がれてないと見えます。

発信するものがひとつでも、受け取り方は無数。なんにしてもそうですが。

知人でやたらとコドモに手をあげる人がいて、
いったい何の理由でそんなに怒るの? と聞いたら
「ウソをついたから」と言うので、あごが落ちそうになったことがあります

あんたがいちばんウソをついてるのに?

それから3、4年たって母娘に再会したら
何をするにも母親の顔色を見て、言動を決める娘になっていて、教育ってすごいーと思いました。
言葉でこそ言ってなかったと思うけど、彼女は全身全霊で娘にたたき込んでいました
「自分と他人にウソをつけ」


「東大だけが大学だ」と、わけのわからないエリート主義を父母から叩き込まれた息子がいるのですが、
本人は親とちがってエリートじゃないのに、
エリート意識という「だし」で煮込んだ高野豆腐なみに、
人を見下すことで自意識を確保する人になっています。

この人はちょっと悲しいですけど、親の教育が見事に実を結んだ成功例です


よく仕事していたアートディレクターが、
これも熊本にくる直前でしたが、

「最近の20代はぜんぜんダメ、親から何も教育されてない」というので
「いったい何を教育されてきたの? あなたは?」
と聞きたかったけど、打ち合わせを先に進めたくて聞きませんでした。聞けばよかったとも思いますが、たぶん本人にはわからなかったかも。

彼はどういう人かというと、
感じたことを鮮やかに正確にビジュアル化し、それを品よく心地よいものとして伝える方法を知っている天才肌の職人
驚くほど傲慢にして無礼、しかし真っ正直で性格がかわいいので嫌われない。

どんな教育が彼を「傲慢かわいく」育てたんだろう
お父さんが当時の有名企業の役員で、お母さんは二号さんだったそう
家族旅行というと、京都の置屋さんに泊まってたとか
置屋さんですか?
どういう事情なんだろう
そこ、突っ込みませんでした

◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆

12月6日、「球磨オーガニック祭り」を錦町くらんど公園で行います(熊本県人吉ICより20分)

熊本のオーガニックに触れたいかたのご来場をお待ちしています
体にいいって、おいしいことなんだ
それがわかるお祭りです

12049234_872625266185971_1648262313994957877_n[1]

温泉地、人吉に隣接しています。安くてもよい温泉宿たくさんありますので泊りがけでどうぞ!


★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト