農家よめ Mちゃんのこと

2015Oct1_2.jpg


お友達の家にお泊りにいきました

4組の夫婦があつまりました

全員が世間基準からすると変な人に分類されるひとたち

ヘンジンには、くまもとに来てからなれっこですが、
昨晩はとりわけハイレベルにユニークな、濃い人たちでした


1つのテーブルをときに三つの話題が同時進行、
なにいってるか聞こえません


「緑なんか大嫌いだし、自然も田舎も興味ない。だいだい農業きらいだし、土なんか触りたくもない
わたしが好きなのはネオンよ。それがあればいやされる!」

そう大きな声でいうMちゃんは、ご主人が15歳年下

ご主人の実家が熊本で農家をいとなみ、
かれが実家に呼び戻され、夫婦は仕事をたたみ、熊本へ

「この5年、ストレスの連続でたいへんだったわよーーー。帯状疱疹とか●●(忘れました)とか何回したか」

彼らが暮らすのは、地上から遠く離れた山の上。
熊本県には位置するけれど冬には30センチの雪がつもり、
夜は完全なまっくら
無灯の山道は、車で移動するのも一大事。帰りの時間を計算しないとえらいスリリングなドライブになってしまう。

「いちばんストレスなのは、話す人がいないことよー」

「はあ、ともだち、いないよね」

「そりゃーねー私だって知り合いつくる努力はしてるよー。けど、みんな忙しいし、そうそうカンタンにはあえないし」

「だよねえ」

「もともと人にめったにあえない人口密度の低いとこなのに、人がいた!ってキャッチセールスみたいに声かけるわけにもねえ」

と横から助け舟を出すのは、イケメンのご主人さま


「しかたないから85歳のおばーちゃん相手にいいたいことわーーってしゃべってんの。あっちはわたしが何いってるかわかんないと思うけど、むこうも何いってんだかわかんないし。それでお互いに楽しくしゃべってるからいいのよ」

「はあ」


自然なんか大嫌いだし、という彼女は、動物が大好きで
東京では10匹の猫をかってたそうですが、


現在は
4匹の黒豚、4匹のやぎ、4か5の猟犬(クラスの大きな犬)、5以上いる猫、
5どころじゃあないウサギ、20以上の鶏

に囲まれて暮らしています

結婚して8年たってはじめて夫の両親にあったそうですが
こちらにきてから6年、実家には一度も帰ってないそうな


「こっちにくるのは、結構覚悟がいったと思うけど、何がそうさせたの。
仕事もあるし、それをやめてまでくるのは大きな決心だったでしょう?」

と質問してみると、


「いや・・・・・・・うーーん」


急にこれまでの勢いがなくなるMちゃん



「覚悟してきたわけじゃなくてーーー。覚悟なんかしてないな。いつでもいやになったら帰るつもりで、きた」


「はあ~、そうよね、そうじゃないと、これないよね」




わたしだって
人生かえる大きな決心をしたねえ、と何回も人に言われましたが(町長含む)
そんなことをした覚えはなく


いろんなことにわーっと巻き込まれてどんどん渦のまんまんなかに押し流されて
気がつけば久留米がすりのもんぺはいて米焼酎のお湯割りに和む人になってます


(ここに来た当初は「米焼酎、無理」「軽トラ、酔う」の人でした)



今年もあと3ヶ月になってしまいました


柿といちごで大忙しの秋冬がくるといいのだけど
先のことはまったくわかりません


うまくいったらばんざーい
です



★★★火曜発送・オーガニック野菜セット
ジャム、無農薬栽培の米のご注文は
錦自然農園フルーツストア


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト