映画「セッション」に疲れました

2015July31_4.jpg
いちごの水遣りは、川の水を使います



きょうは映画を見に行きました
朝、加工仕事をやって
ようやく終わって出てきたら園主がしっかりと家事いっさいを終わらせて私を待っていた


「どこかいこう。どこでもいい」

こういうことを彼が言うとき、いつも予告なく突然。
私は今日はブルーベリーの・・・・といいたかったけど、こういうときは付き合わないといろいろと支障があるのでささっと準備
・・・・


映画の日ということで行き先は映画にけってい
映画館へのドライブはふだんは往復4時間くらいなのが・・・今日は賞味6時間の長旅となりました
映画館にいくのにここまでするひとは、現代ではまれかもです
園主の父は、歩いて往復4時間で映画を見に行ってたそうですが

見たのは「セッション」


去年オスカーを三部門受賞し、数々の映画賞をとったそう
というジャックがいくらちらしにおどっていたって、見てみたらなーんだ、がっかり、ぜんぜん刺さらない
という映画はあるので
期待度は30%でした ほんとはもう一本みて、二本立ての予定だった
ところが見終わると、私は全身疲労。もう二本目を見る脳内余裕がなくなってました。


園主は
「おれこんなに映画みて汗かいたのはじめて」
とかいう
「私こんなに疲れた映画はじめて」
でした

スリルとサスペンスというと別の意味になりますが、心臓が疲れきりました

びっくりして身体がうわっと動いたときは、園主が笑ってました

音楽映画なんです
19歳の音大生(設定は東海岸だけど、モデルはバークレー?)が自分の技量をあげようと真剣になっていく話
人間が限界に挑戦する物語


いろんな分野で、スポーツや各種の芸術でこういう話はいくつもつむがれてきたはずなので
ある程度、予測ができそうなものなのですが

この映画はその類の予測がまったく届かない
驚かされますよー
暴力とか出てこないのに
目と頭だけでなく、全身が映画に巻き込まれてしまう


最後はもうへとへと。
「これは映画なんだから こんなに巻き込まれなくて よろしい」

と引き込まれすぎている私をひっぱり戻す必要があるくらいでした


惜しむらくはタイトル。日本語でわざわざ英語の「セッション」というのをつけなくても原題でもよかったのに
タイトルで誤解して、あまり面白そうなイメージをもってなかった
クールそうな印象じゃないですか

そーれが見てみたらこの映画、熱いのなんの、あちちちです
もう一回みろといわれても、しばらく見たくない 毒気も強いですから

でも、DVDでみなくてよかった
いい音楽を耳にする機会がめったにないので、映画くらいはそういう体験をしたい
昔ニューヨークでSMALLという小さなジャズのライブハウスにいったら
たまたま入ったその日の演奏がまあすばらしいドラマーだったことを思い出しました
一緒にいったのは四人でしたが
終演後、夜道を歩きながら全員がぽけーっ
すごかった・・・・あのドラム
とやっと一人が口にするまで言葉がでてきませんでした

魂を射抜かれてしまうアート体験は、田舎に住んでいるとなかなか難しいけど
映画はできますのがよいですねえ

6時間ドライブして映画にいくなんて
都会にお住まいの方には信じられないでしょうけど、こういうことがあるから、いくのですよねえ


★★★火曜発送「球磨のオーガニック野菜セット」、消毒ゼロのぶどう、ジャム、卵、無農薬栽培米のご注文は
錦自然農園フルーツストア

★★ブルーベリージャムの発送は8月から


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト