フルーツの酵素ジュース

2015Jun12_2.jpg

連日激しい雨が降っています

木になっている桃の量が少ないと、鳥もねらいをつけやすいようで例年より鳥害が目立ちます
少ないところにさらなる雨害、鳥害が加わって
お送りできる量がへっています

「前期の桃」のご注文を受けている方全員お送りできない可能性が高くなってきたと
今日園主が言い始めました
ちょっと前まで三日くらい前まで、「追加の注文とってもいい」といってたのですが
もう撤回です。すみません。先のことはその日の朝までわかりません

前期でお送りできない方には「後期の桃」をお送りさせていただきます

これまではジャムつくりがあまりにもたいへんで、ときどき力尽きてあまらせて、こっそり捨ててました(ごめんなさい)
悲しいかな、今年はあまらない
余裕で収穫した桃をあまさずジャムにしています

桃に追いかけまわされる(比ゆでなくてそんなかんじ)毎日のときは、少しも思いつかなかった桃の酵素ジュースを今年初めて仕込みました

なんとまあ、おいしい
慣れてしまうとたいした感覚の変化はないんですが、初日だけすごく感じました
こういうパワーが酵素人気の理由なんですね
よくわかりました(いまさら)

酵素ジュースを飲んでいると、体が何を満足しているのか、食べ物飲み物をそれ以上ほしがらない
お酒いらないし穀類がいらないし
園主のために、昨日はおもちつくって、あんこを作る、というのまでしましたが
作るだけで食べるのするーしてしまいました


これまでもお客様が酵素ジュースにする、といっていらっしゃるのを聞きながら、
もったいないと思ったりしてました
が、これはこれで、生食よりいいのかもしれない
なんといっても私は食べすぎていた 桃の大きいの、一日5個以上食べてました


桃農家にきて5回も夏をすごしながら、自分用の酵素ジュースつくらなかったのは不覚でした
酵素は都会にいるときから作っていましたが
こちらにきてからはもっぱら農業用に仕込みました

でも道法さんから「毎日かきまぜて10年以上たったものじゃないと農業用に効果はない」
といわれ農業用は市販に頼ることにしました
以後、農業用につくった大量の酵素はおもに園主が作業中の飲料に


桃の酵素ジュースのつくりかたは、いまさら私がいうまでもないですが

1、桃を軽くあらい、皮ごと、たねごと、大きく切ってたるにいれる。白砂糖と交互にいれる
2、白砂糖は果実の1.1倍。米麹も果実の3%いれる
3、一日二回手でかきまぜる
4、砂糖がとけてさらに3日くらいまぜつづける
5、漉して瓶にいれる
6、一日60ccを目安に薄めて飲む

酵素ジュースつくりには皮を洗わないほうがいいとときどき書かれていますが

少なくともうちのは、いろいろついています 
ちいさな虫とか桃の果実になる過程での花実の一部、風にのってきたいろいろな有機物
園のなかは鳥の楽園と化してますので、鳥のおしっこもあるかも


さていまからいちごの苗のお世話にいきます
いちごの苗畑の虫は大きいです
ぶどう畑のはこまめにやってるせいもあって小さいですけど


虫におびえた過去は今とちがう別の人
殺虫マシン、出動★



写真はいちごの苗畑


今日もぽちっとよろしくお願いします
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト