いちごと、竹パウダー

2015Jun7.jpg

いえーーい

じゃなくて
ひえーーーい(泣)

今日はイチゴデイでした
朝は「みずやり」にいったら、終わらない終わらない なんでこんなに時間がかかるのかわからないけど終わらない

先日ブルーボトルの一升瓶の安いのをみつけたので大人買いしました
ちいちゃな声でしかいえないけど、いちごの水やりはぶるーそーらーうぉーたーですよん

水遣りしている間に「そうだ竹パウダーだ」と思いつき、多良木の松下建設さんにお電話
もちろんオヤスミ でも今日じゃないと、あとはずっと雨だもん なんとかしてーと 
社長さまに携帯でんわしまして

・・・・・・思いつきから数時間で材料がそろいました
桑原しょうのしん農園の無農薬もみがらと、
松下建設の竹パウダーを
もったいなくも、あばんぎゃるどないちごの苗床にそそがせていただきましたです


せんじつ

素人じゃないと提案できないアイデアを提案して
まさかとおもいましたが 園主がOKだしたので わたしの素人くさいアイデアでイチゴの苗をつくりはじめた


ということを書いたかと思いますが
あれから園主がいろいろ検索くんしていたら、それってすでにやってる人がいるネタでした


私が思いつくくらいの粗野にして原始的でめちゃ荒っぽい作り方が
最先端のところでも、いろんなバリエーションですでに行われていました



イチゴの生産って それくらい ほんとに さしせまって こまっている ぶんや なのです

ま それでも 
無農薬挑戦の苗畑は、今年もしっかり確保

ダメでもいいわ

いちごで新規就農する人には「やめたほうがいい」と心のそこから言い
果樹で新規就農しようかなと相談してくれる人には「やめたほうがいい」と魂を総動員して思う私ですが


この手のチャレンジはじつは相当たのしいので、
スカイダイビングやバンジージャンプでスリルを消費している人は
ぜひ、果樹農家のつまをやるべきです

いちごの苗のすごいとこは、愛と熱意と手間を注いで、9ヶ月もたったころに
死んでしまうということ
ちーん




いつもありがとうございます!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト