緑茶で認知症を予防

2015May12.jpg


「週刊朝日」がやけに認知症予防に熱心です
立ち読みをさらっとする程度にたまにチェックする雑誌ですが
今週は認知症ネタが三つも

買ってしまいましたのは、緑茶のネタがあったから
緑茶を全く飲まない人たちと、毎日1回は飲む、それ以上にわけて5年継続調査で
認知能力などを調べたデータがあるそうです。

緑茶を飲む頻度が高い人ほど、将来 認知能力が低下する割合が低い、という結果が出たそうです。

コーヒーや紅茶には関連が見られず、緑茶のポリフェノールに顕著なんだそうです
緑茶を粉末にして一日三回、食事や飲み物に混ぜて摂取したグループでは
「少し前のことを覚えている能力」が上昇したんだそうです

少し前のことを覚えている能力には私も心配があるのでやってみようかしらと思ったりします
林さんちでもお茶は飲むだけでなく、食べるほうもしていると前聞いたことがありました

お茶は一般的にはたいへん高濃度で農薬を使いながら作ります。
農薬残留の問題も大きいです。
細かく知ると、本当に飲めなくなるので、興味がある人は自分で調べたほうがよいかもです。

私も熊本にきてしばらく、緑茶を控えたこともありました。
私は若いころから一日中、何倍も日本茶を飲む人だったのですが、
こんなに使うのかと知ってショックを受けてしまい・・・・
お茶を飲みすぎるのは、農薬を摂取しすぎることとイコールではないかという気がしてきて・・・・
林さんの無農薬のお茶がこんなに身近なところで生産されていると知らなかったころです。

カテキンを撮ることはたしかによいらしく、
抗癌作用や殺菌、高血圧にきくとか、いろいろいわれます
でも、農薬を普通に使っているお茶では別の問題がついてくるのは不可抗力と思えます。
残留農薬の問題は、お茶より、粉茶にして食べるほうで問題が大なのだそうです。

熊本産の無農薬のお茶は錦自然農園フルーツストアで販売中
それもおいしいお茶ならなおのこと。



にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト