ぼろちゃんいちご

2015Mar14_5.jpg
病気ですが、味はおいしいイチゴたちをお皿にのせてぱちり。
先日ご近所さんにお手製の高菜漬けをいただいたのですがお礼に、こういうのを集めてお渡ししました。
見かけが悪いので心グル氏ですが、緑の粒粒した部分は種です。破裂してるのは甘さではちきれてるのです。
ジャムにするとき、味見をするのはきまってこういうのですが、これがまたみっちりとツマっていて、
水に沈んだりするから面白い。
お客さんに送ると途中で輸送の途中で暴走する可能性があるので、あまりできません




イチゴの収穫にいきますとき、私は病気の畑の病気の子たちをバケツに収集する係りをします
うどんこ病にやられてる子たちです
ある時期までは放置することで収束を期待するのですが
もう、だめですねえ
とります

うどんこの発生は、去年も同じとこで発生したので
この畑に植えていなければここまで激しくならなかっただろうなと思ったりします

虫とかケモノとかにはやられても、病気は何年も寄せ付けてないという畑もあるのに、
今年は、その健康な畑にはいちごを植えなかった

全体の苗の量が少ないときに、あちこち分散すると作業効率が悪いので
そうなったわけですけれど
結果をみると、少々の効率より、それを選べばよかったのかなあ
思います

次シーズン以降の教訓です


農薬をなるべく減らそうという努力をしても農薬撤廃などはできないので
この「なるべく」という部分が、もう少し広ければ、もう少し、待っている方にお送りできるのにね
という話はよくします


次シーズン以降の課題です
JAS認定をうけても使える農薬とか、そのへんもっと使えばいいのかもしれないと思います





★ぽちっとしていただけると
とても励みになります★

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト