キムチのことで

2015Mar20_2.jpg

昨日の桃園の様子です。
花のまわりをミツバチがぶんぶん羽音をたてて飛び回っています にぎやか~
今日も時間とともにどんどんひらいて、一部は風にのって散り始めています
「いろいろあるだろうけど農家っていいよねえ」と今日友人と一緒に花を眺めているときいわれました

農家っていいです

さきほど、お客様にいただいたメールで頭がぼうっとしてしまいました
うれしくて、です
うれしくてぼうっとするのはなかなかないです


今期最後のキムチ、昨日無事到着しました。
当方に送っていただくのは初めてでしたが、実はキムチは今期五回目であります。
職場の同僚とイチゴも共同でお頼みしているからです。

食べると幸せになるもの
を、有り難うございます。



ご了承をいただいて紹介させていただきました。

同じ人が食べてくださってるとはつゆしらず
5回もその方の胃袋めがけて送ってたというのがあとでわかると、すごくサプライズ

ありがとうございました!!

できあがっても、味見をするとなんだかちょっと違うって、思ったときがあり
できている30キロ分を、自家消費にあてたことがありました
15キロ分も一回ありました 送らないという決定には勇気がいるのですが
じゅんこさんや園主が「いいんじゃないの」というの聴かず

あとで味がどんどんよくなって、「送ればよかった」と思ったこともありましたが
なんか違うかなあと思いながら決められず、送ったあとに、うじうじと後悔したこともありました
ごめんなさい!ってメールしようかと思ったら
おいしかったとメールをいただいて、ああよかったああとホッとしたことも
こういう仕事には向かない、ふんぎりの悪さ、思い切りの悪さ


キムチはたくさんの自然の要素の掛け合わせに、+時間=結果
味は変わり続けるので、あとのあとまで成否がわからない。なので、迷いが切れることがありません
自分がつくっているんじゃないんだってば、と何度言い聞かせても、ねえ。

シーズン最後にこんな、おとしだまのようなメール

ありがとうございます

キムチを買ってくださったたくさんの皆様に
心からお礼を申し上げます

イチゴは来年以降も、量が増えることはほぼないですが
キムチで脇を支えることで、イチゴを続けることができればいいなと思っています

今日から「自然派のいちご」のお申し込み受け付けを再開いたしました。
今日の収穫は、今シーズン咲いた、ならぬ「最多」でありました
せっせと発送作業すすめております

三日前まで「このままではお送りできない」という相談をしていたのに
今日のいちご大ブレイクはいったいなんなのでしょう

ひのしずくは、晩生(おくて)の品種ですから、5月までおいしいです
酸味がのってきていちごの味が深まります
さあ食べちゃってください

ご注文は錦自然農園フルーツストアから


★ぽちっとしていただけると
とても励みになります★

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト