雨時の仕事

皆様、ご無沙汰してます。

久々に園主登場です。

今日は一日しとしとと雨が降っていて、剪定をするにはあまりに過酷な環境だったので、雨の当たらないところで、椎茸の駒打ち(植菌)作業をやってました。

2015Mar2_2.jpg
昨年の11月ごろに伐採したクヌギの木を先日、玉切りして自宅に持ち帰ってきたところ


2015Mar4_3.jpg
この原木にドリルで穴を開け、そこに椎茸の種ごまを打っていくのです

ドリルを持つ手、腕がかなり疲れる作業

今回、我が家では1000の種駒を打ちましたが、原木椎茸栽培を本業でやっているところは、毎年、数万の駒を打つらしいです。

私の知り合いも、椎茸の種駒打ちの手伝いをしてますけど、1万、2万の話はよく聞きます。

すごい!!

聞いただけで、手や肩が痛くなる~!

2015Mar6.jpg
種駒を打った原木は直射日光が当たらないようにして、来年の秋くらいまでこんな感じで
井桁状に積んでおいて原木に菌がいきわたるように伏せておきます。



この後、1年後の夏以降に日陰の林の中などに1本1本立てかけていってキノコの発生を待ちます。


昨年の春先もおおかた同量の原木椎茸を仕込んだので、今年の秋から少しずつ収穫となるか??

請う、ご期待!



関連記事
スポンサーサイト