おいしいのは品種のおかげ

2015Feb25.jpg

いちごです
いつも送っているものではない品種が入っているのわかりますか?

毎日収穫されていますが
この異品種は、一粒たりとも発送していません

シーズン初期はそこそこだったので、少しくらい混ぜてもいいんじゃないの~と思ってましたが
むりむりむり。
ひのしずくがおいしさを発揮しだしたら、差が歴然。
おいしくないんだもん
ひのしずくと混載したらまずいのが目だってしまう

ひのしずくの栽培があまりに困難を極めているので、なにかもう少し病気に強いものはないだろうか
いろいろと探しまして、某県が開発した品種を植えてみたのです。
県外の農家が栽培するには、申請が必要です。許可を得るのに県に6万円支払いました。

おいしいっていったじゃないの~と某県に文句言いたくなります
これでおいしいっていうんですかあ、と。

品種による味の違いは、桃もぶどうもみかんも何でも大きいですが、いちごも大きい
いちごの品種は日本だけでなんびゃくもあるのです
たいていは病気に強くて食味良好 と説明されています
ジューシーだとかもありますかね
まあイチゴを説明するボキャブラリーは限界がすぐにくるので、どれも同じことが書いてあるだけともいえますが、そのなかでネットを駆使して調べまくって、土地の適性と病気への強さと味のよさのバランスポイントをはかってきめたのが、これでした。
けっきょく食味のよさと病気に強いことは両立しない、というのが結論なんでしょうかね

「おいしくって丈夫」というキーワードは、たいていのいちごに書いてありますが、おいしいのレベルに差があるのですね。

ひのしずくのおいしさに慣れていると、私たちはその某県の品種が台所にあっても食べる気になれず
しょうがないから食べよう、というかんじです
うちのC級キズモノひのしずくよりも、大きくきれいでリッパなのですが、味の悪さが申し訳ないのでご近所に差し上げるのも遠慮してしまいます それどころか、しゅうとめたちに差し入れるのも遠慮してしまう つまりジャムにしているんでしょう? と思いきや粒が極大すぎるのでジャムにもできません ううう

「どうしておたくのいちごはうまいのか」と農家からも真顔で聞かれることがありますが、答えはいつも
「品種のおかげです」
なんと謙虚な、と思っている人もいたかもしれませんが、おいしい理由の一番目は品種です。

おいしい品種を選ぶことが最初にあって、
二番目は農薬を最小にすること(農薬が味を悪くすることも多いです)、
そしてむだに肥料を与えず(肥料が味を悪くすることも多いです)、
時間をかけてゆっくり育てること(促成が味を悪くすることも多いです)

どれもがあたりまえのように聞こえます。でもとても難易度の高いことなんです。
ひのしずくを作ることも、農薬をここまで抑えることも、肥料与えないことも、時間をかけて育てることも、完熟させて収穫することも、全部リスキー。

収益に見放されているわたしたち、できればひのしずくはやめて、もっと楽な品種に変えたいのですが

いちご界は量産とおいしさを両立できないという苦境にあります。

ときどきウルトラC級キズいちごを差し上げているご近所の方がいいました

うちの孫はウチヌノさんののいちご以外は、投げて遊ぶだけで食べやせん

うちのだけむさぼるように食べてしまうのだそうです

子供ってすごいね、おいしいのがわかるとやね

そんなふうに言われても、やっぱり同じことをいう

品種のおかげです



関連記事
スポンサーサイト