ぶどうのおうち完成

2015Feb16.jpg
この写真は桃園。ぶどう園の写真はイマイチでした


去年までやってなかったことをやってます
ブドウはこれまで屋根をはって雨をさけるだけだったのに、今年はブドウ園のぐるりをビニルでおおいました。
寒さを少しだけ緩和することで、収穫期をちょっぴり早めることができるかな、と思っての新しい試みです。

これまでうちのぶどう発送は8月の末から。9月の半ばから味がのってくるかんじでしたが、
全体的に成育を二週間くらい早められるかも。可能性だけで、まだ確実ではないです。

燃料をばんばん焚いて加温につとめれば、8月には収穫まっただなか、というのも可能性もでてきますが
いまのところ予定していません。

去年は8月の川中島白桃が台風にぶんぶん揺さぶられて、収穫直前にして、かなりの数がダメになってしまいました。

収穫はできるんだけど、お送りするにはキズつきすぎていた、ということ。
大量すぎるキズ桃がでてしまいました。

キズでもお送りできる場合もあるけれど、このあいだのそれはそういうこともできないくらいの・・・
原因は切り上げ剪定で枝が高くのびているところに強風がやってきて、あちこち激しくぶつかりあって・・・

川中島を襲った時期に同じような大きさの台風がまた今年もやってくれば、ぶどうも台風に直面しますが
ぶどうは低い棚に、比較的がっつりとつながれているので、大きな被害になりにくいと園主がいいます。

「仮に木が折れるクラスの台風がきても、ブドウは桃と違って復旧しやすい。桃はそういうわけにはいかんから」

自然の猛威に適応できる作物
それは、県や地域ではなく畑はたけで違うのですね

いちご、まだまだスローです
特に自然派のいちごが遅いです
12月ご注文の方でお送りできてない方がまだ大勢、いらっしゃいます。
申し訳ないですが、もうちょっとお待ちください

関連記事
スポンサーサイト