道の駅とぶたじる

■「ちびちゃんいちご」は在庫切れにつき受付を終了しました。受付再開の際は、メールレターでご連絡しますので、通知をご希望の方はメールレター配信をご登録ください

2015Feb15_1.jpg
どでかい鍋は手作りハムやさんから貸していただいたそう。柱の陰にいるのがわたし


今日は近所の道の駅「くらんど」の年に一度の感謝祭

おそうじ当番にあたっていた私は、無料奉仕の豚汁組に参加してきました
何十リットルもの豚汁は別の部隊が膨大な野菜を切り刻み煮込みを始めており
私はサーブを担当しただけ

無料奉仕です。鍋の中身がなくなったら即解散。
解散時間は、集客できまる。
「朝の8時から夕方5時までおったこともあった」
と部隊のご婦人

なんてこったい、そんな暇はなかですよ

よりにもよって今日は、
人吉でサイコーに盛り上がる「人吉春風マラソン」と
マラソン好きの熊本人の血が騒ぐ「熊本城マラソン」の開催日

これは強気なのか、ショウバイっけがないのかわかりません


案の定お客がこない
「若い人がまったくいない、家族づれがこない」
某婦人は1時間に4回そのせりふを繰り返す
「なんでこんな日にするか、みんなアッチにいくのわかっとるのに」
「そうだそうだ」

すまほもタブレットも持たない私はこういうとき機動力がない
地元友人の中でも発信リョクのある人たちを選んで

田山さんの無農薬にんじん 袋つめほうだい150円、
農家の新鮮野菜でつくる豚汁たべほうだい無料
本日、くらんどは感謝祭


SNSで拡散して~とお頼みしました

その効果といいきるのは、あまりに不遜でしょうが
やっと昼近くなって子どもをつれておしゃれな方々が続々とやってきて

「何で急に豚汁なくなったんだろう」

某婦人が鍋底のニンジンをかきあつめながら、不思議そうにつぶやいてます

お客さんが増えたんですよ
宣伝してもらったんですよ

とはいいませんでした

錦町の道の駅「くらんど」には、全国レベルのおいしいものが集まっているのに
ウエブサイトもないし、SNSもやらない

全国のおいしい卵を食べ比べましたがオタクのがいちばんおいしかった
と遠方の方から定期購入を頼まれたのに

くらんどで売るもんがなくなる

という理由で速攻おことわりした内布藤吉の滋養卵は、くらんどでのみ特価で販売してます

そのほかにも「無農薬」とか一言もいわない、だけど「ほんもの」
を食べたいから自分の畑に無駄な薬はいれません
という人の野菜や米や加工品がいっぱい

今日のつめ放題150円のにんじんは、
かなーーりおいしいんですよ
無農薬のバリューは遠くでショウバイして、ご近所さんにはキズモノをただ同然で

これこそオーガニック農家がいっぱいいる球磨にある道の駅のおいしいとこだけど
誰も何も発信しない
もったいないことでございます

熊本南部の球磨地方にオーガニック農家が多い理由は
明確にございますのでのちのちアップいたします


関連記事
スポンサーサイト