いちごが遅くなってます&リンカーン

2011Mar28_3.jpg


いちごの発送は超スローモーションで進んでいます

イチゴを受け取って驚く方の声、最近よく聞きますね~
「予想よりはやい! 二月まで待たないといけないと思っていた!」
笑ってしまいます
毎年毎年すみませんです

12月から発送ははじまりますけど、ほんとは2月からって書くべきですかね
1月いっぱいまでは例年超スローです
そうはいっても、2月になったらじゃんじゃん送るよ~って意味ではないです

この先少しずつ暖かくなる「はず」ですけど、それは、虫や病気のもとになるウイルスも活性させるということで
害のほうもこの先ますます増えるのですよね
また、急激な冷え込みで氷点下が続くというのは2月はもちろん3月になってもあったりするから

まあ、先のことはほんとにほんとにわかんないです

でも気になるのに我慢することはないので、どうぞお問い合わせをしてください
わからないけど、わからないなりにお答えをしていますので

忙しいから問い合わせをしないで、と錦自然農園フルーツストアのトップにわざわざ書いているわけではないですよ


予想がまずあたらないので
「いつ送られてくるかきかないで」と書いているんですよね(笑)


いちごやってて悲しいのは、ちょっとのキズでも送ることができないってことです

虫がちょっと傷つけているのでダメ
病気がちょっとここんとこにあるからダメ

農薬は正品の率を高くするのにも貢献するんですよ
農薬をけちるのは、そこの部分がとてもフリです

ちょっとのキズくらいおくっちゃって、と思うかもしれませんが、発送するときはちょっとでも
着いたらすごいことになっていた、っていうこともありますから、
正規の値段をいただいて、キズものを送るわけにはいかないのです

キズ率が高いので、去年は「ちびちゃんいちご」を作りましたが、これは
生産者からみるCPがわるすぎ

雑にじゃっと箱づめしてひょい、とくくって出す!

というのができないのがイチゴの宿命
一個ずつ一個ずつ丁寧に時間をかけてパッキングしないとダメちゃんいちごには、
コスト無視のパッキング時間が必要で
(それができなければ、箱をあけたらきゃーってイチゴが届けられてしまう)

そういうわけで、キズちゃんチビちゃんは、目下イチゴジャム工房に順次おくりこまれ
担当者(?)が毎日作業中につまみぐいしているわけです

ここまできても園主に農薬を使うかどうかに迷いはないようですが、それをしないことでお待たせする時間を長くしてしまうのが、わが身のいたらなさをなんか感じるみたいで、最近不機嫌時間が長いです

まーいいんですけど

今日は久しぶりにdvdでも見ようかとgeoにいってきました

借りたのは


事務キャリーのイエスマン

スピルバーグのリンカーン


リンカーンって、庭師として雇っていた人がじつはお抱え占い師だったとかって何かで読みました
そういう系の逸話がことかかない人だそうですね
映画がどういうものか全く知りませんが
今夜みてみましょう



今日もゴハンがおいしくて困ります。は~~~~(深いため息)
毎年節分過ぎたら痩せるんで大寒前が年間で体重がmaxです
今年も節分すぎたら痩せるはず!
と見込んでますが、今年のことは今年にならないとわからない・・・・・・






関連記事
スポンサーサイト