おいしいお米は波動が高い

2014Dec6_3.jpg

最近キムチのおかげで週に四日くらいじゅんこさんに会うんですが
(JJ米のじゅんこさん)

JJのじゅんこさんほどおもしろい人は、あまりいないですよ

大手ドラッグストアや大規模スーパーなどに入ると
「化学の匂いがたまらない」といって入ることができない(または短時間しか滞在できない)

添加物に敏感だから、キムチにつかう塩漬けのアミでも、アミノ酸入りだと食べられなかった
煮干でも添加物なしのものを探すのはたいへんだけど、それが入っているといないの違いをスルーできない

だから私たちの作るキムチじゃないと食べられない と笑ってます

一緒に作っていますが、しばしば研究のほうが実作時間より長くなり
あらかじめきめておいた時間よりオーバーすることがしばしば

うちぬの家は仕事で遊ぶ家風ですので
時間オーバーは想定内ですが

じゅんこさんは「譲治さん(ご主人)が・・・」と携帯が鳴るたびに、唐辛子にまみれた手を拭いて
電話にでるのはもちろんのこと、

では今日はここまで

と、

かえってしまうこともありんす

専業主婦しかしてこなかったに等しい人だからしょうがないよね

と園主に向かって愚痴をいったりしたモトきゃりあうーまん&常に「仕事とぼくのどっちが大事なの」と聞かれてきた系
でしたが

だんだんとわかってきました
じゅんこさんは、おそらく生涯、大丈夫

決して実利に走らず、むしろ実利を嫌いながら

ぎりぎりのところでエンジェルから守られるタイプ

彼女の乗っている軽自動車があまりに古くて、
ときどき白い煙を吐いて止まってしまうのに、まだ、乗り換えることをしないのを
横でこわごわ見ていましたが

最近、「新車じゃーん」と私が言うような美麗な車を
彼女にくださる方があらわれました

私から見ると、「なんであなたがあっしーくんになる?」と聞きたいくらい
いつも複数の人のドライバーとして九州内をかけめぐっている彼女
不思議でした

でもそういう生き方は、ちゃんと精算されるんです

じゅんこさんのJJ米

その名もJ1米(不耕起、手植え、手刈り、足脱穀、農薬肥料除草剤いっさい使わずのお米)は、
収穫の一年以上前から売り切れる人気のお米です
いろんなお米を食べ比べてきた(比べようとしたわけでなく、結果的にという意味で)
私からみてもJ1米のおいしさは、頭ひとつ抜けてます

このおいしさは、言葉を使っていうのはとても難しいんですが
購入されたお客様の絶賛の声はすごいものがあります
それをネットにあげたいのですが、売り切れるのが早すぎて毎年アップできません

この状態をみかねて、あきんどになりたい私が

「余計なこと(ボランティア的なこと)しないで、お米をちゃんとつくったら?
買いたい人はいくらでもいるんだから~」

と言いますと

一日おいてじゅんこさんは、藍染したパンツに、よもぎ染めした上着など羽織った
いつもの姿でいうのですね

「うーーん、えみちゃん、やっぱりわたしは、できるかどうかわからんけれど、それでいいから
できたら買います、という人だけお客さんでいいわ そういうのできる?」

できますがな~~~~


じゅんこさんが、なにより大事にしているだーりんのお米(JJ米)は
めちゃおいしいお米です

タネのとき消毒している以外は薬不使用ですが、無農薬でないというだけで
肥料堆肥をほどこさず、土地の力、水の力で、人の愛情で育ててます

ちょっとかってみようっかと思われましたらこちら

味のよさが人気です

上の写真 ゴッホみたい


関連記事
スポンサーサイト