乳酸菌とキムチ

キムチといえば乳酸菌
植物性乳酸菌とキムチに関して、ウエブサイトに書き足したく思いまして
連日ネット検索して調査に励んでいます
ものすごく大量に記事があり、読んでいると時間があっというまにたってしまいます

しかしま~の世界っておもしろい
園主は昨日もビール仕込んでました(今飲んでいるのは黒ビール。おいしい!)
紅茶キノコも作りたくなってきました
納豆は作らないほうがいいよと人にいわれました
うちはあっちにもこっちにも発酵ブツがあり、菌が山のようにいるから?? 

「女性自身」から転載させていただきました

>>>>
乳酸菌の力って?

乳酸菌は病原微生物から腸内を見守る、パトロール隊。
腸内に乳酸菌のような善玉菌が少ない場合、悪玉菌が増える事で腸内環境が悪化、それにより、代謝が落ち、肥満や免疫低下などといった悪影響を及ぼしたり、ま た便秘になることで、大腸に溜まった便から出る毒素が腸壁に吸収されて、全身に送られ、これを皮膚から排泄しようとして、肌荒れや吹き出物ができたりしま す。
このような状態にならないように、良好な腸内環境を保つことが大切です。
それは、腸内に乳酸菌を多く取り入れること。
乳酸菌は、乳糖やブドウ糖を分解して大量の乳酸をつくる細菌の総称。
主に、ヨーグルト、漬け物、味噌、醤油、酒、チーズ、などの発酵食品の製造に利用、
または、含まれています。
乳酸菌をとることで、腸内に善玉菌を増やし、良好な腸内環境を構築することが可能となります。

キムチに特有の乳酸菌パワー

乳酸菌には、2種類に大別されます。
ヨーグルトなどに含まれる「動物性乳酸菌」と野菜や大豆を発酵した食品に含まれる「植物性乳酸菌」があります。キムチはそのうち「植物性乳酸菌」にあたります。
このタイプは胃酸に負けず生きたまま腸まで届きやすい性質をもつといわれています。
腸内には数多くの善玉菌がいますが、キムチの乳酸菌が加わることで活性化され、さらに原料の白菜などに含まれる食物繊維が、腸内の善玉菌の餌となり乳酸菌のパワーをアップさせることができます。
さらに、キムチは乳酸菌数が多く、1g当たり約8億個。
キ ムチは洗う必要なく、そのまま食べる漬物。野菜の表面に付いた乳酸菌をそのまま食べることができるため、効率的に乳酸菌を摂取することができます。また時 間が経つと酸っぱくなりますが、これは乳酸菌が増えている証拠なので、普段から乳酸菌食品を常備しておけることもメリットです。

キムチ乳酸菌で美容と健康!

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と比較して、糖の濃度や他の微生物などに影響を受けにくい為、多くの発酵食品や食品などと組み合わせて、愉しみながら料理をする、そして食べることができます。結果、キムチ乳酸菌は、多くの栄養素をバランスよく摂取する事ができます。
身体は食べたものからできています。
良好な腸内環境を保ち、良質な栄養素の吸収を高め、不要なものをしっかり排泄する。
当たり前の事ですが、この状態を築けることこそが健康や美容に繋がります。

乳酸菌だけじゃない! キムチの美容力

乳酸菌以外で見逃せないのが、唐辛子に含まれるカプサイシンやβカロテンのパワーです。
まずは、辛味の代表カプサイシン。
漬物は雑菌の繁殖を防ぐために塩分が多くなりがちです。カプサイシンの辛味や塩辛の旨味成分が多いことは、雑菌の繁殖を抑えながら、塩分量を控えめすることができます。塩辛いものを食べると、身体や顔がむくんでしまう、という方にお勧め。
他にも、交感神経を刺激して、アドレナリンを出やすくすることで、脂肪の分解に欠かせないリパーゼを活性化し脂肪燃焼に効果があることや、発汗作用により、毛穴から不要な老廃物を出し、美しい肌を作ることが可能となります。
次にβカロテン(ビタミンA)。
皮膚や粘膜を丈夫にする美肌のビタミンといわれています。
更にキムチのゴマに含まれるビタミンEと、とても仲良しなので、AとEのパワーで更に美肌をつくることが可能になります。

以上「女性自身」より
>>>

明日、人吉市の老神神社でマルシェが開かれます
錦自然農園は、「桃のジャム」と「レモンとしょうがのシロップ」「黒糖しょうがシロップ」
で参加します
販売担当は、あきらくんです

シロップに使用しているレモンやしょうがは、
農薬も肥料も使わないで栽培した自然栽培のもの
熱いお湯でとかして飲んでも、焼酎のお湯割りにもあいます

キムチをお待ちのかたもうちょっとかかりますが順番にお送りしますのでお待ちください
ちなみに、マルシェにはキムチを持っていけません(数が足りなくて・・・)

無農薬の白菜でつくる無添加キムチをご希望のかたは錦自然農園フルーツストアから


関連記事
スポンサーサイト