ゆるまナイト

2014Oct1.jpg

今日、友人がきたので5年前の免許と今回更新した免許写真を見せたら
「別人だ」
と驚かれました

この写真を撮ったときは、農家になる予定などなかったのは百%たしか

この写真が語るのは、この時が、人生の変わり目の始まりだったということ

変わり目の始まりの始まりは、シンガポール在住の友達が千葉にきて
一緒に「ざ・しーくれっと」というDVDを見ることになったことかもしれません
違うかもしれません

このDVDは、引き寄せの方法を描いたもので眉唾以外のなにものでもないと思いつつ
テレビの前に二人で座ったのでした
見終わったあとすっかり感化された私が、「試しに何か引き寄せようよ」と提案しました

わたしは「来月の終わりまでに百万円ひきよせる」と言いました
ジャスト30日後、翌月の末に、きっかり百万円の仕事を1本受けていたことに気づいたのは
何か月もたってからでした

このDVDで私が学んだのは

1、ワクワクして目の前のことを全集中して楽しみつつやる
2、心をワルクチや批判など、低い波動で汚さない
3、何かを手に入れたいと執着しない(あまりに執着してなかったので手に入れたことも気づかなかった)

が、できていれば、それはできるということ

続いて翌月、別の友人宅で食事をしているとき私はその会話の中から

「田舎に住みたい、銅鍋でジャム作りたい、自然の中でいっしょに石拾いできるような人と暮らしたい、朝ごはんに自分ちの野菜をつんで食べたい、犬を飼いたい」 

を究極の望みとしてから十年以上たっているのに
実現できるわけないと思い込んでいることに突如気づきました
私はそれくらい農村にも縁がなく、天職と信じる仕事を手放すことなど不可能だし
都会でしか生きられないと悲壮感をもって思い込んでいる人だったのです

この3週間くらいあとに撮影したのが、前の免許の写真

免許更新の翌月に園主発見

それから先もますます、

1、ワクワクして目の前のことを全集中して楽しみつつやる
2、心をワルクチや批判など、低い波動で汚さない
3、何かを手に入れたいと執着しない

をやっているうちに
農園の果物は(私がここにきた初年に比べれば)大いに実り、
信じられないくらい理解と愛情のある、たくさんのお客様に出会えました

しかし
最近は

1、ワクワクして目の前のことを全集中して楽しみつつやる
2、心をワルクチや批判など、低い波動で汚さない
3、何かを手に入れたいと執着しない

が、まえほど簡単じゃなくなっています
ダメダメなのが当たり前と思えなくてストレスになり
がんばろーって思うのがいつしか癖になっている

成果なんてどうでもいい
ただ、目の前にあることに全集中しているのが楽しい
人のことなんてまったく一切どうでもいい、意地悪されてもすぐ忘れる
何かをゲットしたいなんて思うことがおもたい

というかんじがなんか懐かしくなってます


ゆるもうゆるもう
もっとあほになろう
もっとそんしよう




関連記事
スポンサーサイト