ぶどうとジャム

2014Sep17_6.jpg
朝のおやつ。今年から栽培しているスイカ。おいしい!と思うけど、「売るほどおいしくない」と園主



きょうはメルマガを発行しようと午前中いっぱいをつかって書いていたのですが
いざ発送してみたら

2通しか発送されてないことがわかりました
会員登録されたときにメルマガをご希望くださった方
残りの数百人分のデータがなくなってました
ほんとかな
信じられないので提供している会社に問い合わせ中です

内容は・・・といってここで書くこともないのですが書いてしまうと
ぶどうを発送できない人がたくさんいそうだということです

またですか? ですよね 私たちがいちばんそう思ってます
葡萄ジャムは今季作れないことが今日確定しまして
「わけあり」でさえ、数が少なく、一瞬わけありにしてもらえればたくさん送れる
と思ったのも数日で幻となりました

「送れないのはあんたたちのせいなんだから」と先日お客様にいわれました
私がずっと心の中に思っていたことを言語化する人がいただけのことですが
ついに言われちゃった、と思いました

ぶどうがおいしいのが唯一の救いですが
待ってくださっているかたに送れないのはストレスたまります
わたしはこのストレスに背を向けて
園主にすべてをまかせています

かれは「ストレングスファインダー」というのによると、強みのひとつが「ポジティブ」というだけあって
どんなときでも笑顔です
仕事が苦役になりそうなぎりぎりのときでも、彼は仕事を楽しみにしてしまう

えらいなあ
私ににた人と結婚しなくてよかったなあ


今日のおやつは中力粉と卵と水だけでつくったパンケーキにジャム

アツアツのパンケーキにバターをのせて、バターがほどよく溶けたころあいに、
桃ジャムと栗ジャムを各自のせてぱくつくのです

どっちもおいしかった

私は自分のジャムをたべるときはどうしても批評家になってしまうので
こういうときに手をのばすのは最後です
みんなの顔をみて、穴があくほど凝視して、やっと手をのばす

バターを必ずのせてくださいね
マスカルポーネがあるともっとおいしいですが
バターでもじゅうぶん
そしてジャム
うちのジャムは乳製品とのマッチングがよいですよ


とくに栗ジャムがわたしは好きみたいで
こういうことは他のジャムではないのですが
夕刻になって瓶を片付けていたら
瓶にさじをつっこんでしまいました
瓶底をおさじでこそげるように最後まで食べました

わたしは甘党じゃないんで
こういうことはほぼないんですが
栗ジャムは別

ちょっとストレスな気分に、いい相棒になります


葡萄ジャム
一本も作れないなんて
はじめてのことです


まあいいですかね
園主もあきらくんも、元気な笑顔でどんどん働いています
元気がもりもり、というかんじです

それがなによりありがたいです


ちょっと落ちこむこともありますが


こういうことに慣れてきたような気がして
じつは全然慣れないのも

よいんじゃないでしょうかね




関連記事
スポンサーサイト