農作業のアシスタント

2014Sep10_4.jpg

アルバイトのゆかちゃんは、最近、以下の三人のアシストとして
右へ左へ走り回って有能ぶりを発揮してもらっています


あるときは、アキラクンの園で袋かけアシスタント

2014Sep10_6.jpg


あるときは、園主のブドウ収穫、発送作業のヘルプ

あるときは、私の加工場でジャムつくりの女王として君臨


いちばんエネルギーのいい場で働けるのは、アキラクンの柿園

いちばん切迫して時間と闘えるのは、園主の梱包作業で

いちばん楽しいのは、私の栗ジャム工房でしょう♪
と勝手にいってます

おととしから試作をはじめ
去年から販売開始し
お送りした皆様のいい評判を聞いても

どうにもこうにも、自信がもてずひけごしでちょっとしか作ってませんでしたが

今年は作りだしたら楽しくて止まらず

順子&ジョージさんの栗畑を、収穫したの、ぜんぶちょーだい、のいきおいで作っています

もともと最初から自分の作ったものにシビアすぎて、どのジャムも食べるのがしんどくなるのですが
こと、栗のジャムに関しては
うちの畑でつくってないせいか、どういう理由かわかりません

こんなに食べたらやばいよ、というかんじで試食がすすみます
ぱくぱく食べ、ってやつです

甘いものはもういいから.。。。。と言ってるしゅーとめも「あまった栗ジャム」を差し入れたらぺろっと食べたというし
ジャムメイカーでパン職人のみぽりんもぱくぱく食べちゃったというし
びんづめヘルパーの園主も、作業終了後のなべ底をいつまでも匙ですくって食べているし

これは順子&ジョージの栗のおいしさのなせるわざだと思いますね


今年は天候不良の影響が栗にもでていて、
去年はJJの栗を販売させていただきましたが
今年は量的に少ないそうで
(慣行農法でも少ないそうです こんなのはじめて、だそうです)

私が堤防になってJJの栗は、みなさまにシェアせず
ごっそりジャム工房にいただいておりまする

これまで何軒かの栗畑の栗をいただいて作りました

が、なんだか今のところ
順子さんとこの栗がいちばん私のレシピにあうみたいで、
それ以外の栗を販売したことはないです

栗は無農薬であたりまえと思っているかもしれませんが
そんなことありません
無農薬と銘打つ「ほったらかし」栗園の栗は、おいしくない

ちゃんと手間をかけているからおいしい

熊本は栗産地として日本有数でして
順子さんたちしかいないわけないので
まだまだ探すのですが

まだまだこれからです



ほんとに、ほんとに、目が肥え、口が肥えしてくると、否定するシーンが増えそうなものですが
ありがたいことに近隣にちゃんと存在しているすごい作者につぎつぎ会える


いまジャムのパッケージを変更しております
ご近所の職人のお力を新生ジャムびんに使わせてもらってます

すごいんですよ

まだ写真もとってませんが、お客様にお送りし始めています





関連記事
スポンサーサイト