突然ですが「こだわりキムチ」再開します

2014May7_2.jpg
ぶどうです。日々成長いちじるしくて、元気があふれています


ゆかちゃんに半日だけですが、週に4日事務のお手伝いに、きてもらっています

仕事には向き不向きが間違いなくある
彼女のように、きちんと清楚に(この表現は通常しごとに使われないですがそういう気がするので)
おしごとしてくれる人が来てくれて、あらためて思います

彼女が私にはハードすぎる分野をやってくれているおかげで、私はますます忙しい

何でかというと
今年から桃もブドウも柿もジャムも、すべて生産性があがると見込んでいまして
売れ残ってあちゃーーと、困ったことにならないように

今いるお客様と同じくらい、うちをわかってくれて理解してくれて応援してくださるお客様を
少しずつ増やすにはどうしたらよいか
と考えて、できることをやっております


注文がどかんと来るのを望んでいるのではなくて
うちのようなところを探しているまだ会えないお客様に、「ここにいますよ~」と手をふりたい

そのためにはどうしたらいいのか
ということです


今日は、キムチを欲しいと

あるお客様からメールをいただきました
今年すでに何キロもお送りしているのですが
それを大事に食べてくださっていて、ついになくなってしまう・・・

ということで、お問い合わせをいただきました

もう、白菜がないから作れないのです

スーパーなどにはあるけどなんで出てるのかなあと思いつつ
お返事だしまして

でもそのあとで、みつけてしまうのがゆかちゃん効果(彼女が伝票関係やってくれるおかげで探しにいけた)
数時間後、白菜を発見したのですよ
この白菜は冬にとって冷蔵保管されていたものではない(よくある)
とわかったので

お店の人に生産者の連絡先をきいて(ご近所)即でんわ


「すみません。農薬をあまり使ってない白菜を探しているんですが、お宅のはどうなんでしょうか」

「あんまりどころか今年はまだ使ってないんじゃないかな。夫が作っているのでちょっとわからないですが
うちは化学肥料も一切つかわないし、有機栽培でおいしくつくってますよ」


ご近所、ほんとにすごいな

農薬使わない、または低農薬で葉物野菜を作るのは、果樹より難しいと道法さんに聞きましたが
いっぱいいますねえ

というわけで、来週、キムチ再開することにしました


野いちごがそろそろ顔を出してきましたので
来週からいよいよ野イチゴのジャムも作り始めます


事務のゆかちゃんは、加工のゆかちゃんでもありますので、
これまでよりいっそう、作っていく予定です

園主が新しい銅鍋を買ってくれました

新しい銅鍋というのははばかられる、骨董銅鍋

日本史の教科書に「青銅」と書いてあるのによく似た色の銅鍋

大丈夫~

と思ったけど、レモンを使って、まるで新品のようにピカピカにしてくれまして
今日のいちごジャムつくりからデビューさせました



そろそろ黒麹もつくらなきゃ!

黒麹、キムチ関係のサイトアップは来週になります

今日東京のかたからお電話いただき「おたくはシロップ作らないんですか?」

おお、そうですね。つくりましょう

とその場で即決



お客様のリクエストを即座に、はいどうぞ、とかたちにできるようになることが理想です

2人だったらできなかったけど
仲間が増えたらなんだか可能性が無限のような気がしています

あれこれがむばります



ありがとうございます!

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


今日もぽちぽち!









関連記事
スポンサーサイト