「目標は何なんですか?」

2013May20_3.jpg
去年の5月って何をしていたのかなとひもといたら、イチゴ畑にしてもいい耕作放棄地がやっとみつかったとこでした。
ありがたいことに、この7か月後からここでとれたおいしいものをいっぱいお届けできました。
いちごの収穫、今週がラストかと思います。食べてくださってありがとうございました!!




「原生林のはちみつ」をお買い上げいただいた方からのメッセージが
日々届いております
ありがとうございます


いただいたお言葉は、インターネットにまったく触れていないガッキーが読めるように
プリントアウトしてます


彼はたいぷとして、何か褒められて相好をくずすタイプではありませんので、表面にはあまりでませんけど、
いろいろ思うこと多いのではないかと想像します


三日ほど前、ランチタイムに聞かれてしまいました
なんの前置きもなく突然にです


「ここの、目標はなんですか」


さすがガッキー
本質的なところを避けずちゃんとぶつけるあたり、園主みたい


数週間働いてみて、どうもここは、よそと違うようだと感じる何かがあったのでしょう
そしてでてきた質問なのでしょう


ちゃんと答えようと思いました
箸を置きました


「わたしも同じことここに来てまもないころに彼にしたんだけど
彼は、言葉がでなかったので、こまかく質問していったんです

お金なのか?
それはまったくないという返事がすぐにでて
じゃなにか

いろいろ聞いて行ったら
どうも、おいしいっていってもらいたい
おいしいって幸せになってもらいたい

じゃ、それ書いときなさいよ
ってメモ帳に描いてもらったんです

食べた人がしあわせになるフルーツをつくる って

それ、部屋にまだ貼ってあります

で、それがある程度かなったなあと思ったとき、お客さんにおくれなくて、ものがたりなくて
申し訳ない、という状態になってきたわけですね


うちは農薬使わないでがんばってちょっと品ができて、ちょっとの人にしか食べてもらえない、ということは
よいこととは全く思ってないんです
今まだたくさんつくれないのは、いろいろ勉強中だからで

で、今の目標は、たくさんつくって、たくさんの人に幸せになってもらいたい

です

なんで畑増やしたり、人を入れたりするのかというと
うちは、子供いないから

家族でおわりにするならそれでもいいんでしょうけど、

もっと先に広がっていったらもっとたくさんの人が幸せになれるから

私たちの畑を次の世代の人がつないでいってくれたらいいとおもうし
農薬も肥料も使わないで労働量もそこそこですむ、というのが確立できたらいいと思うし

で、
スタッフも増やして
畑も増やして
世代をこえて家族とかもこえて、こういう畑が未来にひろがっていったらいいなと
おもってるわけです

以上」


でがっきーはなんといったかというと

「いろいろ難しいことがあるでしょうね」

とひとこと


わたしは「どんな?」

と聞いたのですが

「・・・」でした




難しいことは何をやってもありますがそれは人生サラダがおいしくなるためのスパイスです



ありがとうございます

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


こちらも!



関連記事
スポンサーサイト