親孝行はちみつ

2014Apr26_6.jpg
これぞ、はちみつです~


五月になりました
今日もいちごの収穫しました

今朝は8回コースの最終回となった方が三人いらっしゃいました
最終回はさびしいですよねえ

でも!
いちごをたくさん食べてくださったこと、ほんとにありがたいです。感謝いたします
いちごをたくさん送ることを可能にしてくれた畑にも大感謝!
アナグマとうどんこ病に、きつい部分はありますが、あと一歩!!


今日聞いたちょっとうれしい話


30代の女性のおはなしです。
昨夜、うちのはちみつウエハース(巣蜜)

をひとくち食べておいしさにびっくりして、

残りは食べずにふたをして、
パッキングしなおして、
夜のうちに運送会社にもっていき、田舎のご両親あてにいれものごと送ったのだそうです

感動ポイントがいっぱいありすぎて困ります
すばらしいですね


おやつどき、桃の摘果の手を休めて「イチゴとソーダ水」をいただきながら
昭君と二人で木陰の草に座っておりましたら


「以前、地蜜(日本みつばちのはちみつのこと)を贈られたことがあるんですけど、全然違いますね」

とあきらくんが言いました

「やっぱり山の中のいろんな花から集めたせいなんでしょうかねえ、
 前いただいたのもおいしかったけど、正垣さんのはすごく香りが強いし、味が複雑だし、おいしさが
 全く違うんですよね」


「今日、お客さんからもそういうこと評価コメントで言われたよ。山の中のいろんな花から集めた蜜っていうのは、やっぱり違うんだと思うよ

びんの中あけると、香りや粘度や見た目がみんな違うんだよね。

いちばん違うのは香り。はちみつは殺菌効果が高いから腐ることはないんだけど、香りが強すぎて、腐ってないか? って不安になるほどのもあれば、そんなに香りがしない、というのもある。香りがないわけじゃないくて、私の鼻が鈍感なんだろうけど」


山の中の複雑な自然のエレメントが、すべて蜜の一滴に含まれていると感じます


自然がつくってくれる食べ物はみんなそうです


肥料・堆肥を一切あたえず、農薬を最大限に少なくしてつくる錦自然農園の桃やいちごだってそう


自然を構成する複雑で無限といえる数の要素が
一個、一個の中にぜんぶ含まれています


そしてそれがダイレクトに、味に見かけに香りに触感に出ます


「こういうもの」という予想をたててうちの果物を食べると、
過去の味の記憶を愛しているかたは、なんだか違う、と思ってしまうかもしれません



新しい味の体験に心を開くのは、新しい人生がそこから始まるというくらいわくわくすることです



ありがとうございますっす!

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


こちらも!





関連記事
スポンサーサイト