お届けするのは桃の形をした自然

2013Jun8_2.jpg

体にしみこむ果実のエネルギー。
お届けするのは
桃の形をした自然です。



今日何時間も書いて悩んでけっきょくこれにしたのですがどうでしょう
写真は去年の6月8日
6月6日くらいから収穫していましたっけ

コピーの話に戻りまして
去年までどうだったかというと

まだ味わったことのない桃
自然力あふれる、
九州の桃。



桃の販売サイトのトップのコピーです
2010年につくったのですが、気持ちが引いているかんじがします

気が弱いといいますか、これでも気持ちは押していましたが
まだまだ自分を隠しながらしゃべってるかんじです

今は

よくできてもできなくても、これが結果だから、これがうちの今年の桃だから
って気持ちです

コピーなんてそんな瑣末なことはどうでもいいから早くアップしなさい

という声もあるかもですが
こういうのが決まらないと先にいっても結局もどってきてしまうのですよね


錦自然農園という経路をとおっておりてくる「自然」


自然そのものを売るというのは、山にいって落ち葉をひろって箱詰めするようなこと
反して、栽培するということは、手をかけるということ

 
今年は桃の屋根を増設するのに大変な時間、お金をかけました

アキラくんやがっきーに仲間になってもらって
これまで園主が限界までやっても間に合わなかったところが
今年はいいペースでできると予想しています

最大のもんだいは、自然です
気候です


実をつけるための大切な時期に、ちょうど成長過程がきていたとき
ちょうどそこにバシーーンと自然の条件のパンチをくらう
そうすると、かならず果実は結果をだします


ニンゲンにとっていい結果か悪い結果かはともかく

そしてこの結果、というのもまだ過程のなかのひとつの結果にすぎず
過程が最終的な結果をおとすのは
収穫のとき



それまでは仮定しかできない


おいしい実がたくさんできる という仮定のもとに
わたしはサイトをせっせと準備します




鳥インフルエンザは熊本県のお役所の初動のよさにポチポチ(パチパチ?)

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


おそらくポチポチ(ぼちぼち?)収束に向かっていくんじゃないでしょうか




関連記事
スポンサーサイト