天然果実のいちごジャム、その材料畑

2014Mar28_7.jpg

いちごジャムを作りながら、しばしばそのきれいなことにみとれています

生命力のかたまりみたいなものたちを、銅鍋にいれて、強火でたぎらせてその水分やエキスを染み出させ
ふつふつと沸きあがったところに、まどを透かして太陽の光が注いでいる
それだけのことなんですけど

なんというか、地球を構成するものがすべてここにあるという気分になり
めちゃ幸せに


2014Mar28_6.jpg

ジャムの原材料はこちらから


2014Mar28_2.jpg

緑の王国のなかに、ところどころ小さな赤い実がついている

2014Mar28_4.jpg

新芽を切り取らず、とにかく伸ばしているいちご畑
世界でここしかないかもといわれているくらい奇矯なことをしています
いちごが高さ60センチくらいのとこまで伸びている(吊っている)
あーんな高いとこにできてるイチゴがおいしいはずはない、と
だれもが思うでしょうが、そうではない、というところがまた不思議なところ

みなさまにお届け中のいちごの中に、空中いちごも混じってるかもしれません
たいていは小さいので、ちびちゃんいちご、またはジャムになっていただきまする


2014Mar28_3.jpg

茎もぴーんと立ち上がっています
60度の角度で立ち上がれば優秀のところが
垂直に90度ぴーん なんてのもたくさんあります
多くの葉が、舟形(V字型)になっています

これらはおいしいイチゴ、または力のあるいちごの特長
過去最良の畑に毎日なってくので、最近は、狸のぬすっとが増えていて
ビニルをやぶって入ってきて、いちごを食べ散らかしてます


2014Mar28_4.jpg

上に向かわせることで植物ホルモンを活性させるのは、桃も同じ

こんな剪定もはたから見れば奇矯以外のなにものでもないでしょう
花の咲き方、去年と明らかに違います
おいしい桃ができそうです


写真は三日くらい前のもの
花の咲き加減が毎日毎時、ずんずんと変わっています


2014Mar27_8.jpg


ぽちぽちぽ

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ぽちるときぽちればぽちろ





関連記事
スポンサーサイト