米麹のパンとラストキムチ

最近は米麹を酵母にしてパンを焼くのですが
なんともいえない、深いおいしさ
おいしいです 
何度も作り足したいちご酵母のパンにいちごの香りがないように、
何度も作り足した米酵母のパンに、米の余韻は感じません

写真を上げればとおもいますが、一日があわただしいので写真を上げられず

今日のは焼き上がりは失敗と思いましたが
時間がたつと、いいかんじ
天然の酵母じゃないと出せない
このうまさ
わたしの技術でここまでうまいのは、天然だから

温度調整もせず、自然のままに放置して、ほどほどに膨らんだら、ガスオーブンで焼く
気温が低いときは三日かけてふくらましたりして
自然がやってくれることに任せてるだけです

小麦でパンを作ろうと思いついたエジプトだかどこかの数千年前の人は
酵母も入れなかったかもしれませんね
小麦だけでロビンソン・クルーソーも無人島でパンを焼いていましたしね


発酵というのは、ずぼらでいい加減な私にもなんとかなるところが
ありがたいです


発酵つながりで

ただいまキムチがいいかんじ

ちょっとしか作らないのに、スピーディに嫁入り先が決まるので
私たちちょっとしか食べられなかった
今度こそ最後なので、毎日しっかり食べています(私だけ)
サイトから買えます


魚と海藻と野菜と雑穀(ごま、米)と塩、唐辛子、はちみつの発酵コラボ

それがキムチ
おいしくないわけがない

私は材料を集める以外は何もしていません
集めた材料をあわせるだけで、できあがり


発酵食ってえらいよねえ




今日もぽち

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ありがとうございます☆

関連記事
スポンサーサイト