いちご、おいしいって言われて喜んでます☆

きょうは桃のおはなみをしました

最初は20人くらいでしょうかね

といっていたのがふたを開けてみれば50人以上の方が来てくださった

これくらいの人をお招きするのにどれくらいの準備時間が必要なのか
想定ができないのでアタフタさえもできず、
えと・・・どうすればいいんだっけ

と茫然としていた二人だったのですが


当日になってみると
今回も今回も
周囲のおともだちにものすごく助けられて
これないはずだったけど、なんとかしてきた! 朝から手伝うからなんでもいって! というひとや
うたげには出席できないけど、お手伝いだけはするから

と出てきてくれる人もいて
もうほんとに、ひたすら感謝感謝してました


いただいたお気持ちの総量は、400キログラム
ってなんの数字かわかりませんが
ちょっとやそっとじゃ持てない重さです

いただいたでっかいおくりものを、これから
倍返しでみなさまにいろんなカタチで返していかなくては、と心に刻んでおります


ありがとうございました


私たちにとって想定外だったことがもうひとつ


いちごへのみなさまの反応があまりに大きかったのでした
土曜日の発送をすこしひかえめにして、今日、どーーーんと大盛りにしてお出ししました


ふだん直接お声を聞かせていただく機会がほとんどないので
何十人から「いちご、おいし~」と一日中いわれるわたしたちってめちゃめちゃ幸福な農家だと思いました


「こんなおいしいいちご食べたことない」

「どうしてこんなに他のいちごと違うの」

「このいちごはまったく別物。いちごじゃないみたい」

「砂糖がかかっているみたいに甘い」


そんな言葉がライスシャワーのように降ってました
いやいやそんな・・・・そんな・・・・そ、そんな
賛辞のあめあられ、って自分がほめられてるわけじゃないけど、なんかうれぴい

なんでこんなにオイシイの、と何回聞かれたかわかりません

「おいしいのは品種のせいでしょう」といつものようにいったら

「同じ品種を作ってる人がいてその人からいつも買うけど、その人よりずっとおいしい。何がちがうんですか」

と真剣に質問されたことがありました
答えはでませんでした わかりません だけです


先月農業雑誌の方がいちごの栽培方法について取材にいらっしゃいまして、いちご畑をじっくりみていかれました
今年はもうご注文のお客様をお待たせしたくないので、露出は来年で、とお願いしています

品種のせいじゃないとするとなんなんでしょう

写真はいっぱいとったはずですが、疲れ切って園主が寝てしまったので
写真は明日以降にアップの予定です


ネットのお客様にも日々うれしいメッセージをいただいて、励みにもチカラにもなっております
園主はじつはいちごワークのたいへんさに「いちごやめる」
としばしばいうのです

できれば園主をノセてやってください
私はかれがどんなにぎりぎりでやっているかしってるので、そんなセリフがでるときに
言葉のかけようがないのです




ぽち、ありがとうございます

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ぽちぽち。ありがとうございます☆





関連記事
スポンサーサイト