超高層ストレスが癒えるとき

2014Jan22.jpg

いちごワークが毎日たいへんで
果樹ワークにつかう時間がない

と園主はけっこうストレス満載


最近はいちごの収穫をあきらくんができるようになり、
かなり助かっています


ここで言わずもがなのことをいいますと、うちのいちごの収穫は
けっこう難しいのです

完熟した果実しかとらない、が鉄則
でも
完熟をどこでみわけるかが、ムツカシイ

うちはよそと違います
色が白っぽくても完熟してることがあるし

見た目まっかっかだからといってとりますと、「まだだって」と怒られます

「明日だったね」

そげなこといわれても

今日の収穫物と外観の何がどこがちがうか、見ても見ても見て~~~~もわかりません


そのわからなさに
私はとおっくに「できません」宣言で戦線離脱していますが

あきらくんが。。。。日々わかるようになってしまったみたいです


かくなるうえは園主のストレスを緩和するために
園主の心の声:(桃の仕事、柿の仕事に向かいたいのに、いちごが~~~)


このストレスは、これまで「オレしかできない」
と牙城を死守してきた、いちごのセレクトとパッキングもあきらくんに任せることで乗り越えるみたいです
セレクトとパッキングは当農園のキモですが
だからといってじぶんしかできない
では先がありません

園主は(わたしもですが)ひとりで仕事するタイプで、人に任せるのが異常に苦手


ところがあきらくんは、かなりかなり
吸い取り紙的に園主のココロを吸い取って手足&脳をつかってくるので
園主の

人に任せるくらいならなんにちでも自分ひとりで徹夜するわ、

的こころがとろとろと溶かされているようです



ぽち、ありがとうございます

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ぽちぽち。ありがとうございます☆





関連記事
スポンサーサイト