農家夫婦のアツきなんたら

2014Feb23_2.jpg



今日

ごきんじょのお友達からおもしろいことを言われました

「えみこさんはいいですよねーーー」

(え、わたしいいんだ?)

「あんな、なにがあってもゆるぎないダンナさまに支えられいるんだから」

(完全絶句)


ニンゲンが何十億人もいると、言語に対する解釈も様々であろうとは思いますが
耳にはいったことばを疑いましたよ



そして5時間くらいすぎて
あれ

と思いました

ひょっとして私支えられているのかな?



しょうがく一年生くらいからあまり他人を信用しないように
してきたんで


答えがわかったくらいで手をあげるなんて、こどもっぽい

と思う小学一年生


仲良しであろうと、仕事仲間であろうと、他人は信用しないようにしていてちょうどよい
失望しないですむ距離感がほどよろしい


それはしみついた癖のようなものでしたが



しらないうちに、おっとのことは信用しているか




今日知りました

自分のことは自分がいちばんわからない

これは正しいと思います





いちごだの桃だのぶどうだの柿だの



思い通りにならないことだけはわかっている作物をあいてに

せめてニンゲン、あんただけは
風向きがかわったくらいで意見かえるなよ


農にかかわってから、そういうの思ってます
だれにたいしても


農家の夫婦はそういう
あつき思いにいやがおうでも結ばれるかな。。。。


いつもありがとうございます
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ここもいつもありがとうございます



関連記事
スポンサーサイト