おせっかいはしないほうがいいかどうか

私はものすごいおせっかいです

これは母ゆずり
母はこれ以上みたことがないというハイレベルのおせっかい

レジの支払いで指が動かないでもごもごしていたおばあちゃんが
行列の前にいると、いきなり肩越しに他人の財布に指をつっこんで小銭を取り出してレジに出す人って

見たことないでしょう? 母はそれをするんです
これは余計なことかそうではないのか、と逡巡する瞬間をもたず、足と手が動く
めずらしいタイプです


母はいいんですが、問題はわたしです
ものすごくたくさんの回数、
自分のおせっかいで、しばしば全面交戦的嫌われ方をしてきました


「えみちゃんって、口では農家は儲からないといけない
ちゃんとお金を作る産業にしないといけないとかいうけれど・・・・・
自分はお金にならないことばかりして時間つぶしてるよね」


さらりとずばりと、核を直撃されて、爆弾を投げられたみたいに動揺したのは三日くらい前のこと

私はおせっかいの上におせっかいなのは知ってますが、お客さんにはおせっかいしてもいいと
自分にGOだしているのでやってるの


とはいえず、痛いとこつかれた・・・と思うだけでした


20年以上、広告とか雑誌とか、うわっつらの仕事をしてきたので
宣伝や広報ができてないだけで、いいものが広まっていないのをみぢかで見ていると
アドバイスしたくてうずうずしてしまう


今日、お昼ゴハンをたべながら
昭くんに


「~~さんに、~~~~をしたら、とかいいたいんだけど、言わないほうがいいよね
あなただったら言う?」

「いいませんね」

「でも言わないと、悲しい結果になるかも」

「言うとえみこさんが嫌われれる確率は50%ですね。でも50%の確率では感謝されますね

ぼくはいいません」

「ほんとにーーー(世界の広さにショックを受けている)????

 じゃあさ聞くけど、私が

この人をスタッフにしますとかいってつれてきた人がいたとして、あなたはソノヒトがとんでもない人だとすでに知っているとする その場合もあなたは私にチクってくれないの?」

「自分に被害が及ぶ場合はいいます」


「おお」



なんと、クリア
なんと、くればー



おせっかいのDNAをもつ母と私は、自分のことを考えるsmartさがないんですね


昔、高給で華々しい職場にヘッドハンティングされた友人に、周囲のみなが祝福するなか
私だけが転職はやめたほうがいい、といいました しつこく。
理由は本人に言わなかったけど、思ったとおりになってしまいました
1年後、友人は事実上の解雇
転職しなければよかったね・・・といくらいってももう遅い



昔、その会社は倒産にむかっているよ、と親しい友人におせっかいで言ったら、
友人とその会社の社長は仲良しだったので、私は友人に激しく嫌われて絶縁
それまで続いていたお仕事の縁まで・・・

翌年、友人はその会社の社長から1---まんえんのお金を騙し取られてしまった・・・・・
と聞いたのは5年以上たってから


えみちゃんのいうこときいれていればよかったんだね



すがすがしく友人が言ったのは
なくした金額と同じ額をもう一度貯めたあとだった



カンがいいところがあるので、人のことはよくわかり、おせっかいを重ねています
自分のことはわからないのでおせっかい歓迎です

お客様が

こんなことをえみこさんにいうのはおせっかいか、とか考えず
私の気づかないことを教えてくださることに
しばしば大感謝しています

本当にありがたいことです

錦自然農園にとっては
野菜を送るのも、キムチを送るのも、あれもこれも一種のおせっかい



でも
まわりに、おいしいものがいっぱいあるので
このよさをわかる人には
いくらでもお送りしたいと



ついつい。。。。。




今日も1ポチ1ありがとうございます☆↓

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ここもいつもありがとうございます



関連記事
スポンサーサイト