天然自然派のキムチ

2014Feb1.jpg
2014Feb1_4.jpg


こだわりキムチ作ってます

どういうこだわりかというと、以下に列挙した材料をつかい、保存料などは使わないということです


キムチをじぶんたちで栽培して作って売りたい、という希望は、こちらにきた初年度から
思っていました

自分では無理だと思っていたので
プロジェクトを人にすすめてばかりいました

でも、それはなかなか難しいらしいとわかり
ヒトに押し付けず、じぶんで
今年から小さく、一歩を踏み出しました


自分たちで白菜作れたら(来年こそは!)
価格はもうすこし安くできると思いますが
現在は、500g1000円


うちでうっているゆんちゃんのコチュジャンもキムチも、ごはんがすすみます


ごはんがおいしいというのは、しあわせです

十年たったらゴハンたべる人がますます減り、米は相当量あまるという試算があるそう
でも日本で作るのにもっともむいている作物は、米なんですって

米があまって米農家が廃業しはじめる前に、米をもっと食べたくなる食文化を
取り戻したいですね~


昨日つくったのの、最大の変化は「おもち」を入れたこと
もち米粉ではザラッとしたかんじがのこったので、じゃおもちだ、となりました
唐辛子の粉砕したのの大きさを二種類にしたことで色があざやかになりました
いろんなこと微調整しながらやってます

キムチ材料

韓国唐辛子(韓国産)
沖縄産海塩
チベット産岩塩
国産あみ
国産昆布
熊本・芦北産にぼし
熊本・球磨産山はちみつ
有機栽培ごま
熊本産・低農薬米のおもち
熊本産・無農薬大根
熊本産・無農薬ニンジン
熊本産・無農薬ネギ
熊本産・無農薬白菜(全体の3割)
熊本産・慣行農法白菜(全体の7割)
同にんにく
同しょうが
同にら
どこ産かわからないたぶん慣行農法のりんご


キムチつくりは、昨日のように
発送数が今季最大の日に重なってしまうと、とても大変でしたけど
じゅんこさんは今朝4時おきで仕事してその最後がキムチ

なのに


作っているあいだ、とても楽しく幸せで

忙しいのになんでもやりたがって、困った人たちだと思いますが

白菜を自分たちでつくって、それが農薬肥料なしで、
キムチでももっとシンプルなおつけものでも
いちごと一緒に発送なんかしてたらおもしろいな


ところで以下は今日から錦自然農園フルーツストアにアップした動画です
「ご当地ドットコム」の社長さんが先日みえて、そのときに撮ったムービーを編集して
ご当地ドットコムに紹介しているのです


私たちのサイトに転載してもいいそうなので、そうさせてもらいました
まだ正月太りが尾を引いている時期で、こんなくまもんそのものの肥満くまを
紹介したくなかったのですが


アキラクンと園主が紹介するべきというので
多数決で負けて・・・・





ありがとうございます!

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ありがとうございます!



関連記事
スポンサーサイト