桃のとんねるつくり

2014Feb11_3.jpg

百姓って、百の姓(しごと)。なんでもする仕事、って意味だそうです

われらがガテンな二人組もなんでもできる
ことは驚くばかり(うしろ に見えるのは、いちご畑です)

2014Feb11_4.jpg


アキラくんはハタチそこそこのときから、溶接のお手伝いを
岩のぼりのセンパイに頼まれてやってたそうで


2014Feb12.jpg


あれもこれも、
頼めばなんでもできること驚きます


2014Feb11_2.jpg


桃のとんねるができあがると、
雨よけができるということ


2014Feb12_3.jpg


最近の梅雨の豪雨ぶりは、ものすごいものがあるので
屋根が完成すると、雨季の質の低下を防げるはず


発送を止めるのは苦渋の決断です
お客様がいっぱい待ってるのに
こちらで「味がよくない」といって止めるのは


2014Feb12_4.jpg


今は土台づくりですが
このあと天井アーチを組み立てていく大作業が待っています

器用で仕事の速い二人なので、進捗も早くて見てて楽しい


今日の葡萄園のほうでも、大きな進歩がありました

いちごの収穫と発送はお休みさせていただきました




2014Feb12_2.jpg



いつもありがとうございます!

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ありがとうございます!



関連記事
スポンサーサイト