おまたせ・・・ちょっとします(ちびちゃん)

2014Feb5_2.jpg


「ちびちゃんいちご」



大ブレイクしておりまして
今日、サイトから「お待たせしません」の、文字を削除しました(泣)



まだ、お待たせするとしてもちょっとだけ、のレベルです
ご注文からだいたい10日後くらいでしょうか

今日も収穫しながら

どうしてこんなにあれもこれも赤いのに収穫しないの?


こわい顔で尋ねました
園主はいつものように
「今日はこの畑はとらない。それを守らないと、未熟果を取りたくなるから」

わかる、理屈は。
でもね


私は畑よりお客様が待ってることのほうが・・・・・


畑によって虫が多いとこはとてつもなく多い
それは発送数を大きく左右します


一方、畑によって虫がぜんぜんいないとこもあります


出口のみえない害虫問題に業を煮やして、本日、われらが師匠・道法さんに聞きましたら


「耕作放棄地だったとこを畑にして、虫が多いのは仕方ない」


というあっさりしたお返事


「伸ばして、切って、伸ばして、刈って
その繰り返しが土のなかのチッ素を減らしていくんでね
土の中に肥料分がないならエチレンは増えるし

耕作放棄地を畑にしたら、自然栽培できるとみんな思うけど、それは大きな間違いで
もともと有機栽培の土地を使うよりましだろうけど
抜けるまで時間がかかるのはしょうがない」


「はあ・・・・・・」


「数年前から肥料切ってる畑は、ほとんど虫がいません なんでここまでいないのかと思うくらい」

「土づくりというのが必要と思われているのがそもそも間違いでねえ
肥料ぬけば、虫はいなくなるし
チッ素ぬけばエチレンが活性するから細い根が育つ。細根が作物をおいしくする」

「ヨトウムシがすごく多い畑があるんです。なにか対策ないでしょうか」

「いちごにはまったく影響がなく、虫だけに影響する農薬があるけど
 農薬使うのいやなんやろ」


「わたしはOkですが、彼は・・・」

「この薬は畑にばらまいておくと、虫が食べて、死ぬというだけで、果実には影響しない。ゆっくり農薬減らしていけばいいんじゃないか、と提案してみたら?」

「ですね」


農薬1回と農薬2回は、言葉だけの問題

お客様の利益が損なわれることはないと信じます


2014Feb5_3.jpg

少々はお待たせするかもしれない「ちびちゃんいちご」






すみません!

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


めちゃすみません&ありがとうございます!




関連記事
スポンサーサイト