儲かる幸せ

2014Feb2_1.jpg


ただいま、錦自然農園フルーツストアの

左側の上のほうにある「お客様からいただいた感想」というコーナーが

急激に充実しております


これまで、お客様からしばしば、うれしいお便りをいただきながら
もうほんとに、ひびの忙しさにまみれて
失礼を重ねておりますが

うれしく思っております
ほんとに


お客様にこういうことをお願いするのはとても気が引けますが
お願いしております

サイトへの転載のご許可を・・・・


今日はいちご畑に東京から某雑誌の取材スタッフさんがいらっしゃいました



質問にあれこれ答える園主をみていて
うちはほんとに、世間の農園と違うなと思いました
何より違うのは、儲かる幸せに焦点をあててないことです
たぶんこれは、園主のおとうさんが
儲かる幸せに焦点をあてて卵をつくった時代があり
それがたいして幸せになるものでもなかったことをしってるせいだと嫁的には想像します

忙しいのはあるラインまでは楽しいですけど
それを超えると違うものになっていく
農家というのは、あたまと体と心を山ほど使うので
消耗が激しい

消耗がある臨界点を超えたときの・・・・さびしさ
園主はそれを脳みそのうらっかわで、知っているんだと思います



私は、儲けることが目標にならないことは知っているのですが
なるべく、少しでも、ちょっとでも、たくさんの人に
お福わけをしたい
それを思います


私たちがタダでばらまけばそれが最大のお福わけとなるわけではありません
作り続けるには、経費がかかる
フルーツにかかる経費はたいへんなものです
それはもう、豊作か貧作か関係ないのです



昔、ふぁっしょん雑誌でお仕事していたとき
某Dio●のファーのついたコート
あるときは100万円以上の定価がつき
1年もたたないうちに、関係者に10万円で売られるのをみて
100万円って、なんの値段だったの?

と思いました


ファッションはイメージでできているがゆえに、原価率は最低レベル

食は・・・・・・・・・・・・






いつもありがとうございます!

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


ありがとうございます!


関連記事
スポンサーサイト