いちごをお待ちのたくさんのお客様へ

いちごをお待ちのたくさんのお客様には、
長い長い間、お待ちくださって、本当に感謝しております

当園でご注文から発送まで時間がかかるのは、なんだか常識化しています
ほかのフルーツもそうなので知っている方は慣れっこかもですが

イチゴは特に特に、毎年超スローです

これは私どもがさぼってるわけじゃない
って改めて言わなくてもいいですよね


今年は畑を二倍近く増やしました

かなりのスピードアップを楽しみにしていましたが

結論としては、ご注文も去年よりずいぶん増えたので、
発送スピードは去年より速いにもかかわらず


お待ちいただく方がたくさん、ということは、去年と同様という結果に。。。


いやいや、かっこつけちゃいけませんね

いちごの発送が遅い理由は、それが一番じゃあありませんです
当園の「収穫量」がもっともっとあればいいのですよ

「収穫量」が少ない理由?


1、ほぼ毎日低気温が続いていますがボイラーも使わず、電気照明も使わず、ちっちゃなランプサイズのストーブで、ハウス内が氷点下になるのを避けるのみ

2、定植後、1回しか農薬を使っていない。害虫がたいへん多く、虫食いが多いのに、完熟まで摘み取らないので、虫が食うのが早いか園主が摘むのが早いか、日々競争です


以上の二点です
それ以上あるかもしれないですが、私たちが気づいているのはそれだけです


ネガティブな話題ですみません
いっこだけ
お待ちいただいているお客様に朗報があります


じつは
いちごを召し上がったお客様からいただくお言葉が去年より熱いです

毎年じわじわといちごにいただくお言葉の温度が上がっているという印象を受け取っています
(私たちにしかわからないですけど)

今年も
去年より断然、熱いです

熱いじゃなくて、なんだか違う言葉があるのだと思いますが
ボキャブラリーの貧しさで出てきません


いちごを全国のみなさまに発送しはじめた初年度は、おきゃさまの数が少なくて
お一人のご注文に週に何回でもこたえることができました
リピート&リピート&リピート
お望みのままに発送できました


それからたった二年で、畑を二倍にしても、お送りできないお客様がこんなにいるなんて


ここでストレスを感じるのはやめましょうね


私たちのやり方を変えたら、もっといっぱい送れる未来もあるかもしれないけど
そうじゃないのを選択したからこうなんだから
おいしいって
お声が聞こえるうちはこれでいいんじゃない?


こんな話をこの数年で何回したでしょう
いわれているのは、たいてい私
お客様の気持ちがいわれなくてもわかるんです




お客様のなかに、もし、待つのがストレスになっている方がおいででしたら
お知らせください

正直なところ、「お取り寄せいちご」はとてもおそいです
これに関して、解決策は「もっとセレクトのアミを広く」と園主にいうしかない

5月になってもおいしいいちごは、めったにないですが
去年までは少なくともべりーー美味しかったです

(これシャレ?)


園主のつまらんギャグに結婚初年度はうけまくってましたが
最近、にこりともできません

かわりに、親父ギャグの言霊がのりうつってしまいました・・・・



ん???

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

ここもおもしろいランキングサイト


関連記事
スポンサーサイト